2018年12月16日日曜日

卒業

今でも「ZONE」が好きな棋士

というエピソードを紹介して頂く

そういう機会がありますが

そのZONEが解散して

そのあとはMARIAという

ZONEのメンバーが作ったバンドを

応援していました。

そのMARIAも数年で解散となり

特に何か応援している

ということのない期間が続きました。

AKBも出来た頃は特に見てなく

当時は、テレビをやっていても

他の番組を見ていた感じでした。

そんな中で、たまたま指原莉乃さんが

出ている番組を見ました。

「ヘタレ」というのを押し出している

珍しい人だなと思いましたが

1番印象に残っているのは

バンジージャンプをやらない

という選択をしたことでした。

バラエティー番組で振られたのを断る

というのがあり得るのかと

衝撃を受けました。

そこから指原さんの

ファンになっていくのですが

1番いいなと思うのは

ファンの目線に立っているというか

語弊があるかもしれないですが

芸能人という感じがしないことでした。

言っていることが、ファンからしたら

有り難いことが多いですし

ライブの企画も、自身がファンだから

出来るのかなという楽しいものです。

今では珍しくなくなった

文春砲を食らっても上手く立て直し

今ではヘタレというのは1ミリも

感じられない人になったと思います。

HKTに移籍してからは

そちらを応援するようになりましたが

若いメンバーを上手くまとめて

ライブが楽しいHKT

というのを確立させてくれたと思います。

HKTはエースの休養や出向で

厳しい状況のように思います。

それを自分は関係しないで

乗り越えてほしいという

指原さんのコメントが

あまりに素敵で感動しました。

卒業してしまうのは大きな穴に

なってしまうと思いますが

今のメンバーの厚さからすれば

大丈夫だと思います。

書きたいことは、まだたくさんありますが

この辺にします。




0 件のコメント:

コメントを投稿