2018年9月30日日曜日

G1始まる

今週から秋のG1が始まりました。

荒れた天気もありましたが

結果も波乱の内容で

狙いは良かったものの結果は大ハズレ。

今後は、自分の一口持っている馬が

G1に出てくれるのを期待して

見守っていきたいと思います。

2018年9月28日金曜日

少し遅くなりましたが

豊島二冠になりました。

昨年からの勝ち方を見ていると

今、1番と言える棋士なのかなと思います。

今日は朝日杯に注目してました。

早指しですし、里見さんが連勝しないかな?

と見ていましたが

華のある中田将棋のいい部分が際立つ

そんな対局だったように思います。

飛車を見捨てる▲56銀のような手を

実現できるのは中田将棋ならではでしょう。

いい将棋を見せて頂きました。

2018年9月27日木曜日

昼間同僚に、サムライドライブの

勝利を褒めてもらいました。

そのあとは今週のスプリンターの話など。

先週久しぶりに馬券を買ったら

少しだけ買ったオールカマーは

当たるも、本命筋で激安。

勝負と思ったエポカドーロは出遅れて敗退。

そんな時に限って、相手に選んだ馬が

上位独占でめまいがしました。

自分の逆という券が売っていたら

かなりの確率で当たるなというのが

今の心境で、残念な気持ちです。

当分は、見守るだけの応援で

やっていきたいと思います。


2018年9月26日水曜日

王位戦

最終決戦になりました。

聞いた話ではアクシデントがあったとかで

波乱含みの展開になるのでしょうか。

封じ手の局面は、なんとなく先手ペース

と思いますが、これは居飛車党だから

と言えるかもしれません。

豊島さんが勝てば、1歩抜け出す二冠

菅井さんが勝てば、8人体制維持

みなさんの見たい未来は

どちらでしょうか?


2018年9月25日火曜日

オートマチック車?

アベマテレビを見て頂いた方

ありがとうございました。

本番でも言いましたが

藤井さんの将棋を見ていると

必ずと言っていいほど

驚かされる手があります。

今日の将棋は△56歩から△52飛

とした組み合わせで

何というか不思議な感じでした。

たまたま喋っている中で

気が付きはしましたが

△56歩を見たからなのは大きいです。

帰りの電車や、帰宅してから

もう一度棋譜を見たりしました。

感じたのは、ギアチェンジの仕方が

人とあまりに違うのかなということ。

マニュアル車を運転したことがある方は

分かるかもしれないですが

トップギアから一気に1速まで落とすのは

結構難しいものです。

今日の将棋を見ていても

局面に沿ったギアを使い分けている

そんな感じがしました。

何というか、オートマチック車みたいです。

これから性能が上がって行くとすれば

どんな全盛期を迎えるのか

楽しみに見たいと思います。








新人王戦

今日は新人王戦の解説を

アベマテレビでやらせていただきます。

対局者や、解説陣を見ると

研修会の生徒だった子がほとんどで

何というか、感慨深いです。

藤井七段からすると

最後の新人王戦なので

注目度も高いと思います。

自分は朝一からなので

頭を上手く回転させて

喋りたいと思います。

良かったら皆様ご覧になって下さい。

2018年9月24日月曜日

IZONE

 AKBが韓国でオーディションを受けていた

プロジェクトが決まったみたいで

3人が2年6ヶ月グループを離れるみたいです。

HKTからは2人。

将棋で言うと、飛車角がいなくなる感じですが

若いメンバーが揃っているので

長い目で見れば、面白い感じだと思います。

ただ気になるのは、急な発表でしたし

次回の選抜メンバーも微妙な印象。

サプライズが多いグループですが

ちょっと心配な采配に見えます。

自分が応援しているHKTは

若手の育成、起用には慣れているので

じゃんけん大会で優勝した松田さんや

既にエースの感じもある渡部愛加里さんなど

次のHKTシングルで、選抜やセンターに

抜擢されるかも。

そういうのを予想するのも楽しいです。

試練

東海ダービーで連勝が止まった

サムライドライブが26日に復帰します。

しかし、大外枠になり

今まで戦ったことのない逃げ馬も

参戦しています。

ここを勝ってくれると

遠征が見えてくると思いますが

何とも言えない不安があります。

前回書いたように

自分が応援すると逆効果かなと

思ったりしますし

やる前から負けることを

考える奴がいるか?

という名言もあります。

自分の今後を占う意味で

テストケースになればいいなと思います。

修行

昨日は、久しぶりに精神面の修行に行って来ました。

文字にすると伝わりにくいと思いますが

やれてない日々10年目という感じです。

歩が1枚足りないのが2回続いたら

引退を考えた方がいいというのは

先輩から言われたことですが

将棋ではないものの

そういう日々を過ごしている感じです。

他力が期待できるような人ではなかった

そう思います。

考え方を根本的に変えないと。

2018年9月23日日曜日

じゃんけん大会

今日はじゃんけん大会の日でした。

応援しているメンバーが

軒並み予選敗退のため

すっかり忘れていました。

なんとなくですが

やんわりと結果を見る感じにします。

昨日書いた他力は

やはり恵まれないみたいで

9月にたくさんの馬とお別れします。

また情報が出ていましたが

25日の新人王戦を

アベマの将棋チャンネルで

解説させて頂きます。

対局者を含めても

ぶっちぎりのオヤジですが

冷静に丁寧に正確に

喋れるように準備しておきます。


2018年9月22日土曜日

他力本願

昨日、クリーニングに行って知りましたが

今日から3連休なんですね。

それは関係ないですが

今週は多くの愛馬が走るので

結果が気になるところです。

特に、夏休みから帰ってくる

サムライドライブがどんな感じなのか?

また、エレナレジーナに続いて

2才で勝ち上がってくれる馬が

出てくれないか。

まだ、クラシック路線に

進んだことがないので

その辺りも今後の楽しみで

完全に他力本願な人生になりつつあります。

2018年9月21日金曜日

王座戦

王座戦は挑戦者が連勝ですね。

このまま決まるかどうか?

自分は3日連続で歩いている時に

急な雨に打たれています。

いろいろ工夫してますが

上向きな道は来ない感じです。

2018年9月18日火曜日

叡王戦

連休の最終日は叡王戦を見てました。

藤井七段の最初の対局。

▲57玉が詰めろ逃れの詰めろになっている

作ったような手順での逆転に

驚きました。

2局目は手堅く勝利を収めた感じですが

全体的に調子良くないのかな?

という印象を受ける対局でした。

やはり、持ち時間が長い方が

藤井七段の良さが出るのかなと

思った1日でした。

今度、新人王戦の準決勝を

解説させて頂く予定ですが

3時間はどうなのか

注目しています。


2018年9月16日日曜日

機種変更

携帯を新しくしましたが

かなり軽い感じで

全てがスムーズになりました。

ただ、もったいない感じなので

アクティブにしないと

いけないなと思ってこの時間。

やはりニートが1番性に合っている

そんな気がします。

2018年9月15日土曜日

天才

昨日は山崎さんが藤井さんに勝ち

貫禄を示した感じです。

野球で言う2巡目ではないですが

1通りのデータが出揃った感じなので

ここからの藤井さんは

想像以上に大変だと思います。

しかも、新人王戦を最後に

出れなくなる棋戦も増えて

今後は、予選に出る回数も減るでしょう。

この環境で8割はもちろん7割をキープしたら

怪物と言えると思います。

その最後の新人王戦の準決勝の

解説をさせて頂けることになりました。

解説させて頂くたびに

見たことのない手筋や勝ち方を

見せてもらえるので

今回も楽しみです。

対戦相手も天才という意味では

引けを取らないと思うので

序盤から注目したいと思います。

2018年9月14日金曜日

新しく

今日は打ち合わせに。

来年始めくらいに

「必至」に関する本を出させていただきます。

今までシリーズを書いていたので

気持ちを新たにやっていきたいと思います。

2018年9月13日木曜日

シンプルに

ブログやツイッターで

いろいろやってきましたが

一通り出来たので

自動更新していたものは

一区切りとします。

これからはシンプルに

その時々で考えていこうと思います。








2018年9月12日水曜日

最終戦

王位戦はフルセットに。

中継を見た感じだと防衛かなと

思う感じもありましたが

最後はキレイに決まった感じでした。

1人1冠が崩れるかどうか。

新人王戦は三段が決勝に。

名前の読み方が気になりますが

初めて見て、かなり好感の持てる

そんな奨励会員でした。

決勝は藤井七段か青嶋五段が相手で

藤井七段なら関西対決になりますね。

2018年9月11日火曜日

女流王座戦

女流王座戦で清水さんが挑戦者に。

理事を務められてますし

最年長記録を更新して

素晴らしい結果だと思います。

結果によっては

女流棋界もタイトルが分散する

状況になるかもしれないです。

2018年9月10日月曜日

王位戦

早指しトーナメントは藤井七段が優勝。

内容的には二転三転する場面もあった

自分にはそう見えましたが

最後は、一気に勝ち切った印象で

さすがのキレ味だなと思いました。

今日からは王位戦。

防衛か?ファイナルラウンドか?

少し気になるのは

相振り飛車があるのかどうか?

そこに注目しています。

2018年9月9日日曜日

決勝戦

日曜の夜の定番になってきた

アベマのトーナメントも

今日が決勝戦みたいです。

予想通りという訳ではないですが

若い2人が勝ち上がって

30連勝をかけたカードと

同じ顔合わせになりました。

全てを見てきた訳ではないですが

このルールに対しては

佐々木さんの方が

慣れているというか向いている?

ような印象ですが

どんな結果になるでしょうか。

2018年9月8日土曜日

竜王戦

1日前ですが

広瀬八段が竜王戦挑戦を決めました。

100タイトルか久しぶりのタイトルか

みたいな感じになります。

流れとか言うとオカルトっぽいですが

第2局の逆転勝ちが結果的に

大きな勝ちになった気がします。

名勝負を期待したいと思います。


2018年9月7日金曜日

ハゲタカ

昨日、今回楽しみにしていた

「ハゲタカ」というドラマが

終わりました。

主人公が良く描かれるのは普通ですが

ハゲタカだと柴野さんのように

上からの指示に背いても

正しいことをする人

そういう人に憧れるというか

そういう人がいれば

不祥事みたいなことは

それなりに減るのかなと思います。

楽しみが減ってしまいますが

また新しいドラマを

見つけたいと思います。

2018年9月6日木曜日

映画

今、見に行きたい映画が2つ。

コードブルーと木村さんと二宮さんの

検察の話です。

また。もうすぐ瀬川さんの映画が

公開されるみたいで、CMで流れてます。

昨年も映画が公開されましたが

あまりタイミングが良くなくて

惜しい感じでした。

今回は上手くいってほしいと思います。








2018年9月5日水曜日

王座戦

王座戦が開幕して挑戦者が先勝しました。

将棋界を代表する男前対決ということで

「王子対決」など言われていますが

自分の印象では

どちらもかなりの攻撃性というか

ハードな攻め合いが楽しめると思います。

自分がアベマテレビで

将棋を見るようになったのは

昨年の王座戦がきっかけでした。

普段は携帯中継を見ていましたが

家で映像を見ていたら

想像以上に楽しかったのを覚えています。

特に終盤の切迫した局面で

羽生さんが慌てて着手した手など

印象に残りました。

棋譜だけでは判断出来ないものが

映像から伝わります。

昨日の対局や、近況から判断すると

今回は西の王子の初タイトルが

有力かなと思います。

将棋界は西高東低の流れが

当分続く感じでしょうか。


2018年9月4日火曜日

最年少記録

昨日は棋王戦があって

菅井王位が勝ちました。

ネットニュースを見ていると

藤井七段の初タイトルを

今かと期待している感じで

やはり最年少タイトルの記録が

更新されるのを見たいのだなと

感じます。

活躍と残りの時間から

更新される可能性が高いと

見ている人も多いと思いますが

なかなか厳しいのではないか

と思います。

ざっくり言うと、あの関西ブロックを

抜けてタイトルに挑戦するのは

タイトルを獲得するのと

同じくらいの難易度だと思います。

まだ2年はあるので

じっくりと構えてもらいたいな

と思います。

2018年9月3日月曜日

新四段

昨日書いた件は散々な結果でした。

今までが出来すぎとあきらめます。

昨日三段リーグが終わり新四段が

誕生しました。

最近は、関西が強い印象でしたが

今回は関東のワンツーでしたね。

山本新四段は、研修会で見ていたので

時間は掛かりましたが

良かったなと思います。

研修会の時に、4連勝してクラスが上がって

ガッツポーズしていた時があって

「そんなに嬉しい?」

と聞いたら

「昇級も嬉しいけど、ご褒美に

お父さんが牛角に連れて行ってくれる」

満面の笑みで返してくれたのを

今でも覚えています。

まだ奨励会にもいますが

棋士になった人が多く

レベルの高いメンバーが

集まっていたのだと

今にして感じます。

最近は、その子達と対局するのを

楽しみにしています。


2018年9月2日日曜日

勝ち上がれるか?

9月になりました。

数年前から始めている一口馬主で

3才馬達が、岐路に立たされています。

今のところ勝ち上がれたのは2頭。

今月中に勝たないと

引退や地方に移籍になります。

ここまでは、奇跡的に好成績で

きていますが

まだ未勝利の数頭が勝てるかどうか

大きな違いがあります。

期待できるのもいるし

厳しそうかなというのもいますが

勝負の月です。