2018年7月4日水曜日

ワールドカップの感想など

少し時間が空きましたが

日本代表は惜敗だったと思います。

前半を見ていると

ベルギーの主力選手と言われていた

3人の選手が、少し焦っているように

見えましたし、2-0の局面は

もしかしたらとも思いました。

よく、流れとか言いますが

結果論的に見るとベルギーの1点目。

これが勝負を分けたのかなと

何回か見た感じでは思いました。

おそらく、他のスポーツや将棋でも

こういう状況はあって

すごい手があったとかファインプレー

とかではなく

ふわっとした状況のプレーの結果

それが試合を一気に変えてしまった

そんな感じがします。

ベルギーの1点目は狙って入った

という感じには見えませんでしたし

川島さんの判断次第では

止めていて不思議ないプレーだと

思います。

ただ、1点入ったことで

ベルギーの主力選手が

息を吹き返したように見えました。

将棋でも、下位者が勝つときは

こういう微妙な局面で

正解を出していることが多いと思います。

それから、今回は予選リーグの

戦い方が話題になりました。

もちろん、抜けたからベルギー戦が

ある訳ですが

ベルギー戦のような試合を続けられれば

予選リーグ突破は、することの方が

多くなってきて、ベスト4から決勝などが

見えてくるのかなと

素人ながらに考えてしまいます。

報道を見ていると

今回で世代交代する感じもありますが

世界でプレーをするのが当たり前の

若い世代になっていけば

日本が強豪国になる日も

来るかもしれないですね。


0 件のコメント:

コメントを投稿