2018年6月26日火曜日

竜王戦決勝トーナメント

竜王戦の決勝トーナメントが始まりました。

初戦は関西対決でしたが

藤井七段が勝ち。

序盤から中盤を見た感じからすると

終盤の鋭さが別人みたいな印象で

今までにないタイプの強さだと

改めて感じました。

次は増田六段で、これは10年後の

将棋界を背負いそうな2人の対局です。

今年藤井八段が誕生するには

この竜王を取るしかないですが

ここまでの流れを見ると

そこそこありそうと思ってしまうのが

恐ろしいところです。


2 件のコメント:

  1. 先日の八段昇段規定の追加により、竜王を取る以外に王座と棋王の両方取れれば昇段できるのでは?

    返信削除
    返信
    1. > 今年藤井八段が誕生するには
      棋王戦(番勝負)は"来年"2~3月。
      従って、"今年"誕生するには竜王獲得しかありません。

      削除