2018年3月21日水曜日

最終局に

棋王戦は挑戦者が勝ちました。

先手が勝ち続けていて

最終戦の振り駒には

注目が集まると思います。

自分の経験で言うと

名人戦で先手が6連勝した

シリーズがありました。

最終戦の記録係を

務めさせて頂きましたが

こういうのは初めてだったのか

対局者がいないところで

振り駒を練習させられました。

このシリーズは佐藤会長が

名人になったシリーズですが

聞いた噂では、振り駒を

練習していたことに怒っていて

講演などで話していたとか。

ただ、こういうシリーズは

最後は後手が勝つという

不思議な終わり方が

多い感じがします。

また、棋王戦の最終局は

東京将棋会館で行われます。

中継などで知りましたが

今回、挑戦者がバナナを

かなり食べているみたいです。

近くにスーパーはありますが

どうするのでしょうか?

新宿には有名な果物屋さんも

あることですし

そちらになるのでしょうか。

最近はこういう話も

話題になる感じで

藤井六段と羽生竜王に

引っ張ってもらう感じで

メジャーな競技に

加わって行って欲しいと

思います。

触れるの忘れてましたが

第4局はずっと挑戦者が

圧倒していた感じでしたが

終盤に波乱があって

一気に逆転。

しかし、最後また盛り返して

再逆転した感じがします。

第5局も長手数になると

挑戦者に利するのかなと

いうイメージです。

今日はプレーオフがついに決着。

竜王が前回に続いて

高角度の踏み込みを見せるのか

注目しています。




2 件のコメント:

  1. 今月号の「サライ」が将棋特集だったので買ったら、振り駒の練習をさせられた時の大石先生が写り込んでいる写真が載っていました。

    返信削除
  2. すみません、大平先生のお名前を打ち間違えました。大変失礼いたしました。

    返信削除