2018年2月16日金曜日

スノーボード

少し前にですが

家でスノーボードの決勝3回目を

見ました。

たまたまテレビでやっていたから

それだけの理由ですが

スノーボードの神は凄かったです。

昔、モンキーターンというマンガで

艇王と言われた植木選手の

エピソードとして

75針のケガをしたレース場で

植木選手は復帰戦をした。

というのがありました。

恐怖に勝つには真っ向勝負。

ということなのでしょうが

スノーボードの神

ショーンホワイト選手も

大ケガをした技を

最後に持ってきました。

マンガのストーリーになるような

エピソードが現実に起きる。

形容する言葉が分かりません。

終わった直後に、雄叫びを上げている

ショーンホワイト選手を見たら

感動してしまって

少しの間、言葉が出ませんでした。

将棋の対局中、あまりにキレイな手を

指せたとしても

感情を出すのは非礼と

昔から言われているので

個人的には、ガッツポーズや

叫んでいる姿を見るのは

好きです。

また、銀メダルだった平野選手の

インタビューも

淡々としている感じでしたが

好感の塊みたいな印象でした。

前評判より、やや苦戦している

そんな感じがしますが

しっかりと見届けてたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿