2018年12月31日月曜日

振り返ると

一年が終わりますが

厄年を痛感する感じでした。

ただ、自力以外で考えると

弟子が棋士になったり

いい年だったと思います。

自分で言うと、不摂生が祟ってきている

また、勝負事が弱すぎるという

客観的に見て当たり前のことが

顕著になった年だったと思います。

将棋ブームもひと段落した感じで

来年が上に行くのか横なのか

または下か。

その辺に注意して生活して

あとは、1回くらい思い出に残るような

対局を出来ればと思っています。

今年1年ありがとうございました。

また来年もよろしくお願いします。

クイーンズクライマックス

今は女性が人気の時代。

将棋も女流棋戦は増えている

そんな感じがします。

人気が出れば、人が増え

人が増えれば、レベルが上がる

そうなればいいと思います。

三段リーグの半数まではいかなくても

30%くらいが女性になれば

初の四段も遠くないと思います。

今日のタイトルはボートレースから。

ボートレースには1億の賞金が出る

賞金王決定戦が1年の締めくくり

という感じでしたが

近年では、女性の賞金王決定戦が

最後に来るようになりました。

聞く話によると

女性シリーズは、売り上げがかなり多く

今は1番と言えるくらいみたいです。

また、ボートレースは女性が有利な面もあり

男女差の少ない競技です。

近いうちに、SGレースを優勝する人が

出てもおかしくない環境だと思います。

ボートと言えば大好きな先輩がいますが

今日は行ってるのかな?

2018年12月28日金曜日

まあまあ

今日はいいこと半分にダメ半分。

まあ自分にとっては仕方ない感じ。

競走馬のように、放牧に出てきます(笑)

2018年12月27日木曜日

今の自分には

https://youtu.be/zYYzf81pCks

AKB紅白で見てからずっとハマって

詞がどうのというより曲の感じが

今の自分には心地よい感じで

寝る時に聞いています。

もう少し状態が悪くなると

ヤバそうなので、今がギリギリ耐えているライン

だと思って生活しています。

2018年12月26日水曜日

次は?

昨日書いた肩書きについては

本人の意向ということで

羽生九段ということになったみたいです。

今年は将棋界的には大ブレイクという印象で

来年も続けばいいなと思います。

今後、話題になりそうなのは

藤井七段の順位戦昇級やタイトル挑戦

また羽生さんが挑戦者になるか

その辺りが中心で

あとは分裂しているタイトルを

複数持つ人が増えるのか?

女性の四段昇段はどうなるか

大きなところではそんなところでしょうか?

上手く繋がっていくことを期待します。


2018年12月25日火曜日

肩書き

ネットの記事にもなっていましたが

無冠になった羽生さんの肩書きが

どうなるか注目されているみたいです。

本人が決めるという感じみたいですが

候補としては

「九段」「前竜王」 「永世称号」

辺りが考えられるみたいです。

自分の感覚からすると

九段が普通だと思いますし

もっと言うと、何でもいいと思います。

ただ、規定があっても

特例をすぐに作ってしまう傾向が

あるように思うので

今回それがどうなるかに興味があります。

分かりやすく言うと

永世称号は引退後に名乗る。

というルールがあるみたいですが

抜群の実績を残した棋士だと

今までも現役で名乗ることがありました。

今回はどうなるのか?

永世称号を名乗った後に

タイトルを獲得したら肩書きは?

いろいろと整備されているので

今回何か決まるでしょうか。

2018年12月24日月曜日

昨日

昨日は有馬記念から忘年会に。

有馬記念については

特に書くことがありませんが

負けるためにわざわざ馬券を買っている

そんな感じです。

狙った馬が来ると、相手馬が来ないで

相手に選んだ馬が来ると

狙っていた馬は来ない。

買って来なかった馬が次に勝つ。

また、出遅れや落馬などしてしまう。

今年はこのループが止まらないです。

断ち切るにはやめるしかない

そう思いますが、例え負けていても

勝負している間はヒマを忘れられる

完全なる依存状態です(笑)

来年はこのループから抜け出せるように

勝つかやらないかを目標に

なんとかしたいと思います。





2018年12月22日土曜日

新竜王

めでたいから大丈夫だろうという事で

新竜王のエピソードを1つ。

見た事がある方もいると思いますが

新竜王は麻雀もかなり強く

プロの大会にゲストで呼ばれたりすることも。

初めて打ったのは、棋士になって少し経過した頃

かなと思いますが

最初の半荘の3局目くらい

5巡目くらいに自分が白を捨てたら

それが大三元という役満の上がり牌でした。

普通、最初の頃はこちらが勝てるはずと

思っていましたが、簡単に返り討ちにあいました。

そんなに数を打った訳ではないですが

ほとんど自分が負けているように思います。

麻雀も将棋同様、実力差があるということですね。

2018年12月21日金曜日

竜王戦

時代が動いた。そんな感じがします。

最初は先手優勢かなと思っていましたが

夕方くらいには逆転して防衛かなと

そんな見方をしていました。

しかし、苦しそうな局面から

一気に前を抜き去るのは

新竜王の持ち味だと思います。

下から見た感じとしては

距離感というか危険度というか

玉周辺での間合いの取り方が

現役棋士の中で

トップクラスなのかなと思います。

今まで自分は、強い人が圧倒的に勝つ

そういうシーンを見たい気持ちが

強くありました。

今は、そういう棋士は稀かなと思っていて

チャレンジャーというか

若い方が勝つのを見たいと思っています。

そういう意味では

素晴らしい竜王戦だったと思います。


今日は

歴史的な日になりそうです。

タイトル100期か新時代の幕開けか

そんな感じでしょうか。

将棋はかなり進んでいる感じですが

何とも言えない局面に思います。

2018年12月19日水曜日

一度の人生をどう締めくくればいい?

今年もあと2週間くらい。

あと2日仕事があるくらいで

笑えるくらいヒマです。

自己責任としか言えませんが

大した収入もないのに

ヒマな時間が多いというのは

自分のようなクズで甘い人間には

ある意味残酷なものです。

それでも40年ちょっとすると

多少は生活の知恵が身に付きますが

それでも、未だに大変なものです。

今まで無駄にやってきたものを

上手く削れるようにしたいものです。

2018年12月18日火曜日

プライオリティー

https://youtu.be/WdTZcVexQsw

AKB紅白で1番感動した曲。

そういえば、このMVを見て

なんてかっこいいんだ

と思った記憶があります。

今回歌ったのは岡田奈々さんですが

同じくらいカッコ良かったです。

棋王戦

棋王戦の挑戦者に広瀬さんがなり

二つめのタイトル戦に登場します。

渡辺棋王も完全復調の兆しですし

かなり面白いタイトル戦になると思います。

自分だけかもしれないですが

年下の棋士がAクラスだったり

タイトルに絡むようになると

遠くに行ってしまった感じというか

こちらから声を掛けてはいけないな

と思うようになります。

それでいいと思いますが

段々と棋士と交流がなくなるのは

みんな出世していくからだと

今さら気がつきました。

ともあれ、二冠やそれ以上でも

頑張ってほしいなと思います。


2018年12月17日月曜日

ガチ

昨日はAKB紅白を見てきました。

生演奏による生歌。

アイドルのステージとは思えない

ガチなステージでした。

各グループの曲のあと

最初に歌ったのは岡田奈々さん。

雰囲気のある人だなと思っていましたが

そのパフォーマンスに圧倒されました。

結果から言えば

1番いいものを最初に見た感じです。

気になっていたHKTは

全体的に良かったと思いますが

やはりグループの顔となるメンバーが

誰がいいのかは難しく見えました。

いろいろな売り出し方や盛り上げ方が

あると思いますが

ガチなステージを見せるというのは

自分は好きなやり方ですし

昨日のステージを見たら

印象が変わる人も多いと思います。

また、白組のキャプテンだった小嶋さん。

2年くらい前に研究生公演で見て以来ですが

トークの感じなど、すごいできる人という

イメージになっていました。

全体的に、だいぶ後輩だと思いますが

素晴らしいMCだったと思います。


2018年12月16日日曜日

卒業

今でも「ZONE」が好きな棋士

というエピソードを紹介して頂く

そういう機会がありますが

そのZONEが解散して

そのあとはMARIAという

ZONEのメンバーが作ったバンドを

応援していました。

そのMARIAも数年で解散となり

特に何か応援している

ということのない期間が続きました。

AKBも出来た頃は特に見てなく

当時は、テレビをやっていても

他の番組を見ていた感じでした。

そんな中で、たまたま指原莉乃さんが

出ている番組を見ました。

「ヘタレ」というのを押し出している

珍しい人だなと思いましたが

1番印象に残っているのは

バンジージャンプをやらない

という選択をしたことでした。

バラエティー番組で振られたのを断る

というのがあり得るのかと

衝撃を受けました。

そこから指原さんの

ファンになっていくのですが

1番いいなと思うのは

ファンの目線に立っているというか

語弊があるかもしれないですが

芸能人という感じがしないことでした。

言っていることが、ファンからしたら

有り難いことが多いですし

ライブの企画も、自身がファンだから

出来るのかなという楽しいものです。

今では珍しくなくなった

文春砲を食らっても上手く立て直し

今ではヘタレというのは1ミリも

感じられない人になったと思います。

HKTに移籍してからは

そちらを応援するようになりましたが

若いメンバーを上手くまとめて

ライブが楽しいHKT

というのを確立させてくれたと思います。

HKTはエースの休養や出向で

厳しい状況のように思います。

それを自分は関係しないで

乗り越えてほしいという

指原さんのコメントが

あまりに素敵で感動しました。

卒業してしまうのは大きな穴に

なってしまうと思いますが

今のメンバーの厚さからすれば

大丈夫だと思います。

書きたいことは、まだたくさんありますが

この辺にします。




2018年12月15日土曜日

なんて日だ!

今日は今年を象徴するような

自分にとっては悲惨な日でした。

まず朝1の愛馬が大敗。

人気もここまでもさらに調教も

順調に来ていたので

勝利を期待していました。

しかし、ゲートが開いた瞬間で終わり。

出遅れて見せ場はなし。

何とも言えない怒りがあったので

競馬や他の競技などいくつかやるも

出遅れ、競り負けのオンパレード。

勝負事には向いてないのは

知っていましたが、弱いというより

終わっている。という感じです。

辛いので、昼過ぎにはふて寝をしてました。

起きていろいろ見ていたら

指原さんの卒業発表を知りました。

いつかは来ることですが残念です。

来年の4月まで在籍みたいですが

HKTは主役というか顔というか

柱になる人は大丈夫なのかなと

勝手に心配しています。

「しあわせは自分の心が決める」

と、先輩から学びました。

どうしても、自分に期待してしまっているので

まず、それをやめることから

始めていきたいと思います。



王将戦

王将と言えば餃子とも言えますが

大阪王将が、王将戦の特別協賛を

して頂くことになりました。

新棋戦や協賛など

本当にいい流れが来てるように感じます。

将棋だと、いい流れの局面は

悪い手を指さなければ

優勢を持続できることが多いですが

実際の社会ではどうなのでしょう

気持ちの持ちようとしては

この1年か2年でかなり楽になったので

悪い手をやらないように

していきたいですね。

2018年12月14日金曜日

最終決戦

竜王戦はファイナルラウンドに。

タイトル100期か27年振りの無冠か

振り幅が大きい勝負になりました。

年末に大きな勝負が残り

いい流れのまま将棋界は

来年に進みそうな感じがします。


2018年12月13日木曜日

新棋戦

竜王戦は激しい戦いですが

そこそこの差が付いてそうで

フルセットかなと思います。

また「清麗戦」という新棋戦が

発表されました。

賞金が700万円で、女流棋戦で

1位になるそうです。

これで女流棋戦もタイトル7つで

七冠を達成することが

出来る状況になりました。

今はやや偏りがありますが

今後どうなるでしょうか。

2018年12月12日水曜日

竜王戦

今日から竜王戦です。

始まる前に書きましたが

今期は挑戦者が厚いというか

下手したらストレートもあるのかも

という予想をしていました。

まだ終わった訳ではないですが

予想としては、20点くらいの内容です。

今回は鹿児島で行われるみたいですが

永世七冠を達成した場所で100期となると

ある意味聖地みたいな場所になるかもですね。

2018年12月11日火曜日

奇跡は間に合わないだろう

昨日、年内の予定がほぼ決まりました。

今年を振り返るにはまだ早いですが

例年並みというか右肩下がり

という感じかなと考えています。

それでも、来年に向けてというか

未来に向けて少しずつ

取り組みを始めています。

とりあえず、来年の夏くらいに

どうなっているかですが、それは自分次第。

タイトルはその予言みたいなものです。






2018年12月7日金曜日

依存

昨日は驚くことばかりでした。

昼間、貴ノ岩関のニュースを見て

外出したら、スマホがいきなり詰み。

買ったばかりなのに壊れた?

など考えながら手を尽くしてみたら

ソフトバンクが回線障害になったとか。

おかげでというか

予定はめちゃくちゃになりました。

ただ、ひどいことにならなかったのは

幸いでした。

少し、スマホへの依存が強いのを

あらためないといけない

そう感じた1日でした。


2018年12月6日木曜日

再放送

夕方から、昔のドラマを再放送していますが

最近は「ラストフレンズ」がやっています。

このドラマは、ちょうどハチワンダイバーを

手伝っていた頃にやっていたので

隣のスタジオだったり

近くで見た感動も残っています。

まだ今ほど、DVという言葉も

浸透してなかったと思うので

ストーリーが衝撃的でした。

全部録画が終わってから

一気に見るのを楽しみにしています。

2018年12月5日水曜日

100期に王手

竜王戦は羽生竜王が勝って

タイトル100期も同時に

王手をかけました。

今回の竜王戦の傾向通り

挑戦者が追い込みを見せたように

思いましたが

手堅くまとめたように見えました。

次は挑戦者が先手番で

どのような戦型になるか注目してます。


2018年12月4日火曜日

竜王戦

今日からあらためて3番勝負ですね。

初日から結構進んでいて

見た感じは先手の竜王が調子良さそうで

今回も挑戦者が追い込む感じに

なるのでしょうか。


挑戦者

王将戦の挑戦者が決まりました。

実力者は、一時的な不調になっても

元に戻ってくるという印象を受けました。

西高東低の流れが続くのかなと

思っていましたが

冬場のタイトル戦は

東側の挑戦が続く感じですね。

来年はどうなるのか?

藤井さんの初挑戦があるのか?

この辺りが注目ポイントでしょうか。




2018年12月3日月曜日

リクエストアワー

この時期になると、リクアワに何を投票するか?

悩みというよりは、楽しく考える時間です。

今年は早送りカレンダーに全てと考えていて

理由としては、ダブルセンターの位置に

ドラフト3期生の渡辺愛加里ちゃんを

抜擢してくれるかなという予想からで

個人的には、どの世界も若い人が

どんどん前に来ればいいなという

自分の理想になればいいなという狙いです。

自分にはなかったので

期待される人生、特に若い時から

というものはどんな感じなんだろう?

いつも思います。

だから、期待して応援したくなります。

今回のリクアワで、HKTの若手が

注目されて欲しいなと思います。



当たらないかな?

12月になりましたが

特に変わり映えのない感じです。

しかし、サプライズ発表があって

12月15日にHKTのライブが。

今回は3000くらいの大きさなので

当たるかどうかが心配で

神様が平等なら

勝負や抽選といったものに

負け続けている自分には

たまには当ててくれてもいい。

なんて思います。

今週もいい感じに負けておいて

券を申し込みすれば

当たらないかなと

淡い期待をして眠ります。


2018年12月1日土曜日

今日は初めて藤沢の道場に行ってきます。

先日のお祝いの会が縁ですが

元は、麻雀大会に出たところから

繋がっているので

何があるかわからないということですね。


2018年11月30日金曜日

帰京

大阪から帰ります。

食べ物に関しては充実した感じでした。

1番驚いたのは

天もりそばというのを頼んだら

天ぷらの中に赤い天ぷらが。

恐る恐る食べてみたら

紅生姜でした。

初めて食べましたが

結構イケる感じでした。

12月はやることがほとんどないのを

どうしていくのか

考えながら帰ります。

2018年11月29日木曜日

大阪

久しぶりに飛行機に乗りましたが

伊丹空港が綺麗になっていて

時間の経過を感じました。

着いてからは、初めて大阪でやることを

試してみましたが

信じられないくらい悪い結果というか

帰りは雨だし

昼間食べたうどんみたいに

カスということですね。

寝る前にテレビを見ていたら

1年謹慎していた芸人さんが

「生きていればいいことあるかも」

そう言われたことを支えにしてきた

と言ってました。

自分はまだそこまでの心境には

辿り着けないです。


2018年11月28日水曜日

小さい

今日から大阪へ。

いつもは電車で行きますが

今回は空路を利用します。

なんとなくですが

来年辺りにHKTの劇場公演を

見に行こうとかなと目標を立てて

せっかくならマイルを貯めて

その特典を利用しようという

小さな計画を成功させようとしています。

あと、なんとなくですが

今回の遠征中にたこ焼きを食べたいと

こちらも小さな目標があります。

長い移動は苦手ですが

動画と音楽を揃えたので

それを楽しみにしたいと思います。

2018年11月27日火曜日

プレーオフ

王将戦はすんなりとしたプレーオフに。

復調と思われる棋王対パワフルな哲学者

という勝手な印象で

竜王戦でもあった組み合わせですね。

瞬間的にはトップ2と思っていた

2人の出番はありませんでした。

挑戦者が決まる頃になると

予選が始まる流れなので

もう少ししたら

対局が増えるかもと思います。

それまでに、少しはいい流れになれば

と思います。

2018年11月25日日曜日

タイに

竜王戦はタイになりました。

やはりと言っていいのか

挑戦者の終盤力が炸裂した感じです。

今年二冠になった豊島さんを

今年は広瀬さんが追いかけている

そんな感じがして

二冠達成くらいは行くのかな

というのが勝手な予想です。




2018年11月24日土曜日

タイトル戦

今日はタイトル戦が2つ。

昨日は叡王戦で王座が貫禄を示す結果に。

また年末に向けて

中継対局も濃い内容が増えて来そうな

予感がします。

1番の注目は竜王戦で

朝からかなりの勢いで進んでいます。

挑戦者が追い付けば

ラスト3局は名局の予感がします。

2018年11月22日木曜日

人気

昨日は浦和競馬場に行ってきました。

たまたま若手騎手のイベントがあって

藤田菜七子さんも来ていました。

そのレースが2つありましたが

その時間はパドックも場内も

一気に人が増えていました。

やはり、国民的な人気となると

すごいものだと実感しました。

競馬の方は、珍しく当たりもあって

無事に終わりました。

原稿が終わって、ほっとした半面

やることもなくなったので

また一からスタートです。

2018年11月21日水曜日

昨日

溜めてしまった原稿を一気に書きました。

ギリギリにならないとやらない。

ダメな性格だと思いますが

最近、応援してるメンバーが

同じ事を言っていたので

悪くないと思ってしまうバカです。

昨日は久しぶりに

藤井七段の対局がありました。

内容も充実した感じだと思いますが

そういう内容にした増田六段も

さすがだと思います。

また女流では礒谷さんが

素晴らしい勝ち方だったと思います。

ネット解説をやらせて頂いた時の印象は

パワーヒッタータイプかなと

感じましたが

昨日の勝ち方を見ると

センスがいいだけなのかなと

そんな感じもします。

既に、タイトル級の活躍しても

不思議ない感じがしました。

2018年11月20日火曜日

地元の大使に

長谷部四段がなりました。

少し前に話を聞いた時には

意外過ぎて、驚きというよりも

唖然としてしまったような感じです。

自分は、棋士はいろいろなところにいて

地元で身軽に動いていくのが

いいと思っています。

特に若い方がいいですし

棋戦で活躍できればさらにいいです。

そんな考えもあり、新潟に住んでた

こともあります。

自分は基本的な能力と性格に

問題があった感じなので

長続きしませんでしたが

彼ならきっと大丈夫だと思います。


2018年11月18日日曜日

コラボ?

今日は幕張でAKBの握手会と

将棋のJT杯決勝があったみたいです。

昨日書いた将棋のドラマは

AKBの柏木さんが主役みたいですし

そのうち、将棋界とコラボしてくれる日が

来ればいいのにと勝手に思っています。

ドラマ

今クールも相棒と科捜研は欠かさず

見ています。

あと、スーツとリーガルVも

いい感じだと思います。

他は溜めて後から見ますが

やはり、織田裕二さんは別格で

好きな俳優さんです。

今までで一番好きだったのは

「振り返れば奴がいる」

少し悪い奴という役が

似合っていると思います。

今回も、少し悪い感じなのが

いいです。

もう少ししたら

将棋のドラマが始まるみたいで

そちらも楽しみです。

2018年11月15日木曜日

上手くいかない

今日はいい日だったはず。

しかし、帰宅してからいろいろ見ると

残念なことばかり。

なかなか波には乗れません。

期待していたものは

もうダメかもしれない。

そう思わされた日でもあります。

でも、新しい希望もできました。

頑張るしかないか。

2018年11月13日火曜日

雑感

最近テレビを見て感じたこと。

ずっと、能力高いけど大臣になれなかった

という感じの女性議員の方が

大臣になった時から集中放火されている

そんな感じですが

やっていると言われている疑惑が

セコいというか何というか

残念な人だなと思います。

また、オリンピックの担当されている

大臣の方。

緊張されている感じは伝わりますが

原稿にしがみついて読んでいるのに

読み間違えてばかりなのは

流す方の悪意を感じますが

大丈夫なのかなと思うばかりです。

自分の状態が良くないと

こういうのを見ていて

苛立つだけなので

心穏やかに過ごせるように

なりたいと思います。

2018年11月12日月曜日

解説デビュー

やっとというか、なんとか

年内の目処は立った感じですが

なんかふわふわした感じです。

昨日くらいに発表されていましたが

ついに藤井七段が解説者として

デビューするみたいです。

しかも対局者は羽生竜王。

聞き手はまだ決まっていないみたいですが

引き受ける人は

かなりの覚悟が必要かなと

外野は勝手に思っています。

個人的なことを言うと

羽生竜王もそうですが

藤井七段のプライベートとか

できれば謎に包まれて欲しいというか

あまり知りたくないと思います。

あとはどんな感じの解説なのか

楽しみにしたいと思います。




2018年11月10日土曜日

30代

A級は豊島二冠が全勝。

昨年から見た感じ、少し抜けた印象です。

気になっていた王将戦は名人が勝ち。

名人も完全に復調したように見えますし

30くらいの棋士が当分はトップを

固めるように思います。

その壁を藤井七段がどうするか

来年ね見どころだと思います。

2018年11月9日金曜日

復活しないと

現在執筆活動中ですが

全体的に思わしくないです。

いい加減にやってきた報い

そんな感じもしますが

何とか現状を打破しないと

そう思っています。

2018年11月7日水曜日

昨日

昨日の中継対局はかなり面白いかったです。

倉敷藤花は、結構な逆転での決着。

また、新人王戦は未来の将棋?

という序盤で、もう居飛車とか振り飛車

という概念はなくなるのかなと思いました。

王将戦は最後が意外な結末。

初めて見るかなという詰み筋でした。

棋譜を並べるのは面倒でも

見るのは好きという自分には

携帯中継はちょうどいいものです。

2018年11月4日日曜日

言葉って難しい

昨日からツイッターの通知が止まらなくて

何が起きているのか

良く分かっていない状態です。

「即レスしなかった程度で
 
   失われてしまうようなものを、

   友情とは呼ばない。」

自分が画像を上げたのは

この文章ですが

今の時代にハマっている感じ

なのかなと思いました。

この文章は、いろいろ応用できるかなと

考えてみましたが

自分にはセンスがないからか

ぴたっとしたものは浮かびません。

それでも、何万ものいいねやリツイートが

自分の身に起こるというのは

未だに信じられないことです。








2018年11月3日土曜日

バズる?

朝早くから出掛けて

たまたま気になった電車の広告を

ツイートしてみたら

信じられない数の反響がありました。

ブログのアクセスとは違いますが

抜けないと思っていた

トリビアに出させて頂いた時よりも

数値的にはかなり上回りました。

内容としては

すぐに返信しないからといって

壊れてしまうようなものは

友情ではない。

そんな感じで、時代に合ったコピー

だと思います。

こういうのをバズると聞いていましたが

まさか自分が、という気分です。

やっと

竜王戦は挑戦者が1つ返しました。

数年前くらいまでは

絶対王者が、強い所を見せつけて勝つ。

そういうのを見るのが一番好きでした。

ただ、ここ数年は

若い方が勝って、王者の牙城を崩していく

そういうのを見たいと思っています。

予想にも書きましたが

今回は奪取する確率は高い

そう思っていました。

しかし、昨日も含めてなんか

挑戦者がピリッとしないように

個人的には感じています。

しかし、昨日の終盤戦は

さすがの内容だと思いました。

次の内容次第では

予想は間違いではなかったと

思えると思います。

今日は久しぶりに馬を見にいきます。

そして、今年2度目の重賞挑戦です。

ただただ、頑張ってください。


2018年11月1日木曜日

11月

いろいろな意味で

いい結果がほしい月です。

グッドラック。

2018年10月31日水曜日

続々と誕生

先日、マイナビ女子オープンの

一斉予選の解説をさせていただきましたが

その時に、強いなと思った方々が

次々と女流棋士になられています。

どちらも予選を突破しているので

実力的にも申し分ない感じですし

これからの競争激化は

避けられない感じでしょうか。

里見さんの1強時代が続くのか

男子のように割れるのか

ここ数年が分岐点だと思います。

新王座

新王座が誕生しました。

将棋の内容は難しくて分かりませんが

▲45角と打った感じから

なんとなく先手が勝つのかなと

見ていました。

最近の傾向としては、新タイトルホルダーが

続々と誕生していて

次は誰なのかと、防衛出来るのは誰か

というのが見どころなのかと思います。

またなんとなくですが、西高東低の感じが

来年辺りにははっきりするのかなと

思ったりしています。

2018年10月30日火曜日

王座が決まる日

今日は王座が決まる日ですね。

少し前にも書きましたが

見た感じ、ほぼ互角というか

似た部分が多いような2人なので

後は、今日のリズムで決まるかなと

ただ棋譜を見ることにします。

おそらく、自分は体験出来ないですか

タイトルを取られるのと

あと一歩で掴めないのは

どちらが厳しいのかなと思います。

見れる環境ならインタビューも注目します。


2018年10月29日月曜日

大活躍

今日の中継は理事の対局が多いです。

しかも、まだ終わってないですが

全部勝ちそうな感じ。

特にA級でタイトル戦にも絡みそうな

佐藤会長はすごいなと思います。

清水さんもタイトル挑戦中ですし

大活躍の理事会ですね。

心の闇

先週は、駅伝の映像を良く見ました。

賛否の声が出ていると聞きますが

自分は止めてほしかった派でしょうか。

発信する環境が出来てから

炎上の話もありますが、同じくらい

感動の押し売りみたいなのも

増えていると感じます。

今回の件がどうかということではなく

これをいい話と思わないのか?

というような圧力が増えているような。

こういうことを、良く考えるように

なってきたので

自分の心の闇が深くなってきたなと

思います。


2018年10月28日日曜日

天皇賞秋

ルメール騎手が3週連続でG1を制覇。

モレイラ騎手と2人は

次元が違う活躍のように思います。

最近というより、いつからか

全く勝てなくなってしまった

勝負事ですが、今日も惨敗でした。

50%なら必ず負け75%でもほぼ勝てない

チャンスかなと思えば不利があり

結局最後は結果が出ない。

今回は、レース前に暴れた馬がいたので

少し返還がありました。

しかし、本命はスタートで大出遅れ。

1秒でハズレがきまりました。

連敗はまだ続きそうですが

少しずつ良くなればと思います。


2018年10月27日土曜日

ドラフト

少し前の話ですが、ドラフト会議があり

日ハムは吉田投手を獲得。

清宮選手に続いて、甲子園のスターを

手に入れました。

じっくり育ててもらいたいような

いきなり活躍してもらいたいような。

来年が今から楽しみです。

2018年10月26日金曜日

時代

ヤフーニュースが、将棋を取り上げて

くれるようになってから

今までは内輪で終わる感じのネタも

普通に見るようになった感じがします。

最近では、反則の話題が続いていますが

それもその流れかなと思います。

自分は反則はしないで一生を終えたい

と思っていましたが

公式戦ではない、普通の指導対局で

昨年ついにやってしまいました。

また公式戦では、反則ではないですが

勝負所という局面で

駒台の歩を掴み損ねて

時間切れにならないように投了した

ということがあります。

今後はそのようなことが

無いようにやっていきたいと思います。

2018年10月24日水曜日

無敗

藤井さんの順位無敗は継続。

途中危ないのかなと勝手に感じましたが

さすがのまとめ方だったと思います。

この感じだと、無敗のままA級とか

マンガみたいな活躍を

また見たくなっている自分がいます。

とりあえず、今年全勝でも

かなりのインパクトだと思うので

この勢いは続いてほしいと思います、

2018年10月23日火曜日

注目局多め

今日は、竜王戦に藤井さんの順位戦など

注目局の多い日です。

特に順位戦は、同世代が戦うので

どんな内容になるのか楽しみです。

竜王戦は、予想が当たるためには

今回は挑戦者が勝たないと

厳しいと思います。

それは冗談ですが、この間に

豊島さんを下しているので

調子は上向きだと思います。

携帯にテレビ。上手く組み合わせて

楽しみながら見ていきたいと思います。

2018年10月22日月曜日

消えた天才

今度レギュラー番組になるという

「消えた天才」

というシリーズで、羽生さんが

小学生の時勝てなかった

という方が紹介されていました。

自分は初めて聞く名前でしたが

ベスト4のメンバーを見ると

凄いものだと思います。

「若さは正義」

という言葉がたまに言われますが

若い頃の活躍というのは

本当に才能だったりセンスがないと

出来ないものだと思います。

小学生名人が今でもプロの1つの目安

と言えると思いますが

中学生名人では完全に遅いというのが

将棋界の流れだと思います。

小学生の頃にトップクラスで

そこから例えが分かりませんが

アスリートと同じように

打ち込んだ人がタイトルに近い位置に行く。

一応、同じ職業とさせてもらっていますが

申し訳ないと思う気持ちが

年々強くなっています。

ただ、人それぞれできることが

何かはあるはずなので

それを見つけて行くのが今の課題

なのかなと思っています。




2018年10月21日日曜日

お祝い

昨日は知り合いの70才のお祝いへ。

まだ知り合ってそんなに経ちませんが

パワフルで魅力的な方です。

そんな方なので、集まる方も多く

棋士やアマ強豪をはじめ

他業種の方もすごい経歴。

棋士で助かったと思うのは

こういう場で、ただ将棋がそれなり

というだけで

仲間はずれにされないというか

それなりに扱って頂けるということです。

また、昨日伺ったお店は、知る人ぞ知るお店で

あるサラリーマンの方が

棋士になるにはどうしたらいいか

というのを話し合う場にしていた

ということでした。

残念ながら、そのお店は

もう少しで閉店してしまう

ということで、そのお別れも

兼ねた会だったみたいです。

2ヶ月くらい引きこもっていたので

やや刺激強目でしたが

しっかりしなきゃと思わされたので

とりあえず今日からでも

前向きに行きたいと思います。

2018年10月19日金曜日

順位戦

昨日の順位戦は見所がたくさんありました。

まずA級は、佐藤会長が圧倒的なパンチ力で

難しい攻めを繋げた印象です。

会長は激務だと思いますが

それを感じさせない力強さだと思います。

山崎ー斉藤戦は、順位戦という感じの

超スローペースの進行。

しかし、将棋の内容は序盤から飛車切りの

派手な攻めを繰り出した斉藤さんの勝ち。

松尾ー野月は終盤で野月さんが抜け出した

そう見えましたが、最後は逆王手を

上手くかわす手順での詰みがあり

松尾さんが勝ち。

渡辺さんの一気の攻めもすごかったですし

郷田ー行方も熱戦という感じでした。

最後に、ちょっと信じられないような

反則負けがありました。

稀に、次に指す予定の手を先に指す

というミスがありますが

今回は盤面と内容を見ただけでは

何が起きたのか理解できない形です。

今後、出ないかもしれないような

反則なので、ある意味貴重な

ものかもしれません。


2018年10月17日水曜日

新人王

昼のワイドショーの時間中だったので

新人王優勝のニュースが

話題になっていました。

多くの最年少記録を更新して

あとはタイトル奪取や名人くらい

でしょうか。

自分が生きている間に見れるかは

分かりませんが

最年少記録だけでなく

最年長記録の更新も

成し遂げたらスーパースターだなと

見てみたい感じがします。

例えば名人は50才くらいだったと

思いますが

当時は名人も40代でした

今は名人は30くらい。

なかなか50才名人は見れないかなと

思います。

ともあれ、素晴らしい記録更新であり

優勝でした。

ファイナルラウンド

王座戦は最終戦に。

全くどちらが勝つのか分からない

そんな勝負だと思います。

それでは面白くないので

51-49で防衛と予想。

これは、タイトル戦に出ている数の差で

王座がやや有利という予想です。

他の棋戦も煮詰まってきそうで

王将と棋王の挑戦者争いや

叡王戦にも注目しながら

最大の関心である竜王戦を

見ていきたいと思います。


2018年10月16日火曜日

新王座誕生なるか?

今日は王座戦です。

挑戦者が勝てば奪取となりますが

第3局や他の将棋を見ていても

どちらが勝ちそうかなど

ほぼ互角としか思えない感じです。

対局場は新潟の龍言みたいですが

近年は、完全にタイトル戦の場所として

安定したなと思います。

王位戦で有名な「陣屋」は

ITを導入して、経営が上向きみたいですし

聖地ではないですが

観光などにいい場所になればと思います。

2018年10月15日月曜日

クライマックスシリーズ

自分は北海道日本ハムを子供の頃から

応援していますが

今期は厳しいと思っていました。

しかし、大谷選手がいなくなっても

3位に入り、次勝てばファイナルへ。

東京ドームが本拠地の頃は

よく見に行きましたが

なかなか優勝には届かず

札幌に行ってからは

かなりの確率で優勝に絡む。

寂しい面もありますが

頼もしいなと思います。

日ハムの素晴らしいと思うのは

育成システムだと思います。

特に、俊足で守備力の高い選手が

定期的に出てきます。

他にも、栗山監督になってから

いい若手投手も育っている感じで

ソフトバンクや西武も強いですが

これからも優勝を期待できる

チームだなと思います。

また当面は、清宮選手がどうなるか

それを楽しみにしています。

週末

土日に期待の2才馬がデビューしましたが

どちらも次回に期待できる感じで

良かったと思う反面

どちらも展開的な面で上手くいかない

そんな感じでした。

自分の流れが良くないのだと

あきらめることにします。

日曜日は久しぶりにしっかりと

麻雀を見てました。

かなり面白い内容で

麻雀を打ちたくなる感じですが

今麻雀を打ったら

かなり悲惨なことになりそうなので

見る専門になった方が賢明です。

ちょっと気になるのは

プロリーグとして始まった

Mリーグよりも

明らかにRTDリーグの方が

レベルが高そうということで

何でもそうだと思いますが

人数が増えると、レベルの維持が

大変なんだろうと思います。

麻雀を見てると、考え方というか

価値観のようなものを

どうしたらいいのか

分からなくなるときがあります。

少なくても、今の自分はあらためないと

いけないなと感じました。

続かないと思いますが

今日から前向きに考えて

生きていければと思います。

2018年10月13日土曜日

昨日

竜王戦は竜王の勝利でした。

大勝負にふさわしい熱戦だった感じで

今シリーズはこういう将棋が

多いのかなと期待します。

A級は豊島二冠が全勝キープ。

昨日が最大の関門かなと

勝手に見てましたが突破しましたね。

前回はプレーオフでしたが

今回は抜け出しそうな感じがします。

2018年10月11日木曜日

大一番

今日から竜王戦が始まります。

タイトル100期がかかる

話題的にも大一番です。

ただ、失冠となると

いつ以来か分からない無冠となるのも

ある意味大きなニュースです。

個人的には、直前の対局が

ちょっとイヤな負け方に見えましたが

挑戦者の充実した内容から

4-2奪取くらいの感じかなと思います。

100タイトルはほぼ決まりと

昨年は思いましたが

黄色信号になっているのは間違いなく

今回がラストチャンスの可能性も

あると思います。

将棋界の歴史に残る

大きな勝負になるかもしれません。

2018年10月10日水曜日

新人王戦

今日から3番勝負が始まります。

藤井さんが卒業ということで

優勝で飾れるかというのが

注目になると思います。

対戦相手は奨励会員。若武と書いて

「わかむ」と読むみたいです。

たまたま、準決勝の日が自分も対局で

近くで見ていましたが

かなりの好青年という感じでした。

今回はどちらを応援ということはなく

ただ内容を見ていきたいと思います。




2018年10月9日火曜日

よく見る光景

ニュースを見ていたら、新宿駅で

線路に飛び降りて逃げた人がいました。

千駄ヶ谷に行くときに

いつも使ってる路線なので

なんとも言えない感じです。

毎回ではないですが

かなりの確率で電車が遅れますが

今回のようなものが、原因となると

少しイヤな感じがします。

理想を言うと、対局前の日は

近くに泊まっておくのが

正解だと思いますが

それはそれで、準備や荷物の管理

そして費用の問題もあるので

悩ましいところです。

何を大事にするかを真剣に

考えないといけないと思います。

2018年10月7日日曜日

盛況

朝から柏将棋センターへ行ってきました。

子供スクールよりも生徒が多い感じで

さすが石田先生という感じです。

手合いは機械を使っていましたし

将棋センターも合理化を進める

そんな時代かもしれません。

今日指した中で1番の驚きは

初段近く指す幼稚園の子がいたことです。

とりあえず、一目散に穴熊に組むなど

まだまだこれからですが

駒がぶつかってからの指し方は

かなりセンスがありそうな子でした。

逃げない、手抜きなど

スピード感覚は教えにくいものなので

それが出来ていそうなのは

今後に期待です。

2018年10月6日土曜日

卒業ラッシュ?

乃木坂の西野さんから

AKBグループや乃木坂で

卒業発表が続いている感じです。

多いパターンは

入ったものの、選抜メンバーにはなれず

なかなかチャンスがないまま卒業

という感じ。

メンバーの数からしても

入ったあとの方が大変そうで

これは棋士にも言えることかなと思います。

チャンスをつかむことや

来たチャンスを逃さないことは

大変だと思います。

自分も、今後あるかないか分かりませんが

つかめたらいいなと願っています。




2018年10月5日金曜日

お酒

昨日は久しぶりに同僚と飲みに。

酒席にいるとかなり飲むので

嘘だと思われがちですが

自分は1人では飲まないんです。

父も弟も、1人でかなり飲むので

母の血が強く出たのでしょうか。

ざっくり振り返ると

9月は飲んだ形跡がなく、それだけ

人に会わなかったのだと思います。

また、同僚も結婚したり子供が出来たり

飲みに誘いにくい環境が

完成しつつあります。

久しぶりに飲んで話すと

知らなかったことが分かったり

面白いことが多いので

少しずつ幅を広げていきたいと思います。

2018年10月4日木曜日

近況

最近では、極力自炊をすることを

心掛けています。

しかし、テレビを見ていると

栄養やダイエットに関する情報が

飛び交いすぎていて

正直なところ、何を食べていいのか。

基本的には、好きなものになりますが

今は、炊き込みご飯を作るのを

日課にしています。

テレビで見た、枝豆の炊き込みご飯

これが良さそうでしたが

なかなか手間がかかるので

キノコを中心に作っています。

差があるかはわからないですが

とりあえず一度冷凍してから

使うことにしています。

あとは、朝にトマトジュースを飲む。

これを日課で続けられたらと思いますが

三日坊主体質なので

何かいい方法を考えたいと思います。

2018年10月3日水曜日

続く

王座が1番返し面白くなりました。

序盤から激しい将棋でしたが

一段金の守備力の高さが光ってました。

次は王座が先手なので。戦形にも注目です。

2018年10月2日火曜日

王座戦

今日は王座戦です。

初タイトルなるかが注目だと思います。

また、王座も他棋戦では勝っていて

1番返すと面白い感じになると思います。

他には、昨日は台風の影響で

交通機関に影響があり

中継局で大きな遅れがありました。

1時間遅刻したら

問答無用で不戦敗になるという

ルールだと思っていましたが

それは、自己責任での場合で

今回のようなケースでは

大丈夫みたいでした。

ルールはしっかりと把握しないといけない

反省です。


2018年10月1日月曜日

Mリーグ開幕

10月に入って、麻雀のプロリーグが

始まるみたいです。

新たな試みというか

観戦チケットを打ったり

審判を導入したり

完全にスポーツのような感じで

リーグが行われるみたいです。

中継日程も連日になるみたいですし

華やかなスタートだと思います。

大和証券がスポンサーになったみたいで

その辺りもいい感じだと思います。

ただ、麻雀の難しいなと思うのは

技術的なものをはっきりとプロが

見せられるのかというのがあります。

これは、将棋とは比較にならないと

思う部分で、将棋でも

評価値を導入してから厳しいものが

あるようになりました。

その辺りをどのようにクリアして行くか

楽しみに見て行きたいと思います。

2018年9月30日日曜日

G1始まる

今週から秋のG1が始まりました。

荒れた天気もありましたが

結果も波乱の内容で

狙いは良かったものの結果は大ハズレ。

今後は、自分の一口持っている馬が

G1に出てくれるのを期待して

見守っていきたいと思います。

2018年9月28日金曜日

少し遅くなりましたが

豊島二冠になりました。

昨年からの勝ち方を見ていると

今、1番と言える棋士なのかなと思います。

今日は朝日杯に注目してました。

早指しですし、里見さんが連勝しないかな?

と見ていましたが

華のある中田将棋のいい部分が際立つ

そんな対局だったように思います。

飛車を見捨てる▲56銀のような手を

実現できるのは中田将棋ならではでしょう。

いい将棋を見せて頂きました。

2018年9月27日木曜日

昼間同僚に、サムライドライブの

勝利を褒めてもらいました。

そのあとは今週のスプリンターの話など。

先週久しぶりに馬券を買ったら

少しだけ買ったオールカマーは

当たるも、本命筋で激安。

勝負と思ったエポカドーロは出遅れて敗退。

そんな時に限って、相手に選んだ馬が

上位独占でめまいがしました。

自分の逆という券が売っていたら

かなりの確率で当たるなというのが

今の心境で、残念な気持ちです。

当分は、見守るだけの応援で

やっていきたいと思います。


2018年9月26日水曜日

王位戦

最終決戦になりました。

聞いた話ではアクシデントがあったとかで

波乱含みの展開になるのでしょうか。

封じ手の局面は、なんとなく先手ペース

と思いますが、これは居飛車党だから

と言えるかもしれません。

豊島さんが勝てば、1歩抜け出す二冠

菅井さんが勝てば、8人体制維持

みなさんの見たい未来は

どちらでしょうか?


2018年9月25日火曜日

オートマチック車?

アベマテレビを見て頂いた方

ありがとうございました。

本番でも言いましたが

藤井さんの将棋を見ていると

必ずと言っていいほど

驚かされる手があります。

今日の将棋は△56歩から△52飛

とした組み合わせで

何というか不思議な感じでした。

たまたま喋っている中で

気が付きはしましたが

△56歩を見たからなのは大きいです。

帰りの電車や、帰宅してから

もう一度棋譜を見たりしました。

感じたのは、ギアチェンジの仕方が

人とあまりに違うのかなということ。

マニュアル車を運転したことがある方は

分かるかもしれないですが

トップギアから一気に1速まで落とすのは

結構難しいものです。

今日の将棋を見ていても

局面に沿ったギアを使い分けている

そんな感じがしました。

何というか、オートマチック車みたいです。

これから性能が上がって行くとすれば

どんな全盛期を迎えるのか

楽しみに見たいと思います。








新人王戦

今日は新人王戦の解説を

アベマテレビでやらせていただきます。

対局者や、解説陣を見ると

研修会の生徒だった子がほとんどで

何というか、感慨深いです。

藤井七段からすると

最後の新人王戦なので

注目度も高いと思います。

自分は朝一からなので

頭を上手く回転させて

喋りたいと思います。

良かったら皆様ご覧になって下さい。

2018年9月24日月曜日

IZONE

 AKBが韓国でオーディションを受けていた

プロジェクトが決まったみたいで

3人が2年6ヶ月グループを離れるみたいです。

HKTからは2人。

将棋で言うと、飛車角がいなくなる感じですが

若いメンバーが揃っているので

長い目で見れば、面白い感じだと思います。

ただ気になるのは、急な発表でしたし

次回の選抜メンバーも微妙な印象。

サプライズが多いグループですが

ちょっと心配な采配に見えます。

自分が応援しているHKTは

若手の育成、起用には慣れているので

じゃんけん大会で優勝した松田さんや

既にエースの感じもある渡部愛加里さんなど

次のHKTシングルで、選抜やセンターに

抜擢されるかも。

そういうのを予想するのも楽しいです。

試練

東海ダービーで連勝が止まった

サムライドライブが26日に復帰します。

しかし、大外枠になり

今まで戦ったことのない逃げ馬も

参戦しています。

ここを勝ってくれると

遠征が見えてくると思いますが

何とも言えない不安があります。

前回書いたように

自分が応援すると逆効果かなと

思ったりしますし

やる前から負けることを

考える奴がいるか?

という名言もあります。

自分の今後を占う意味で

テストケースになればいいなと思います。

修行

昨日は、久しぶりに精神面の修行に行って来ました。

文字にすると伝わりにくいと思いますが

やれてない日々10年目という感じです。

歩が1枚足りないのが2回続いたら

引退を考えた方がいいというのは

先輩から言われたことですが

将棋ではないものの

そういう日々を過ごしている感じです。

他力が期待できるような人ではなかった

そう思います。

考え方を根本的に変えないと。

2018年9月23日日曜日

じゃんけん大会

今日はじゃんけん大会の日でした。

応援しているメンバーが

軒並み予選敗退のため

すっかり忘れていました。

なんとなくですが

やんわりと結果を見る感じにします。

昨日書いた他力は

やはり恵まれないみたいで

9月にたくさんの馬とお別れします。

また情報が出ていましたが

25日の新人王戦を

アベマの将棋チャンネルで

解説させて頂きます。

対局者を含めても

ぶっちぎりのオヤジですが

冷静に丁寧に正確に

喋れるように準備しておきます。


2018年9月22日土曜日

他力本願

昨日、クリーニングに行って知りましたが

今日から3連休なんですね。

それは関係ないですが

今週は多くの愛馬が走るので

結果が気になるところです。

特に、夏休みから帰ってくる

サムライドライブがどんな感じなのか?

また、エレナレジーナに続いて

2才で勝ち上がってくれる馬が

出てくれないか。

まだ、クラシック路線に

進んだことがないので

その辺りも今後の楽しみで

完全に他力本願な人生になりつつあります。

2018年9月21日金曜日

王座戦

王座戦は挑戦者が連勝ですね。

このまま決まるかどうか?

自分は3日連続で歩いている時に

急な雨に打たれています。

いろいろ工夫してますが

上向きな道は来ない感じです。

2018年9月18日火曜日

叡王戦

連休の最終日は叡王戦を見てました。

藤井七段の最初の対局。

▲57玉が詰めろ逃れの詰めろになっている

作ったような手順での逆転に

驚きました。

2局目は手堅く勝利を収めた感じですが

全体的に調子良くないのかな?

という印象を受ける対局でした。

やはり、持ち時間が長い方が

藤井七段の良さが出るのかなと

思った1日でした。

今度、新人王戦の準決勝を

解説させて頂く予定ですが

3時間はどうなのか

注目しています。


2018年9月16日日曜日

機種変更

携帯を新しくしましたが

かなり軽い感じで

全てがスムーズになりました。

ただ、もったいない感じなので

アクティブにしないと

いけないなと思ってこの時間。

やはりニートが1番性に合っている

そんな気がします。

2018年9月15日土曜日

天才

昨日は山崎さんが藤井さんに勝ち

貫禄を示した感じです。

野球で言う2巡目ではないですが

1通りのデータが出揃った感じなので

ここからの藤井さんは

想像以上に大変だと思います。

しかも、新人王戦を最後に

出れなくなる棋戦も増えて

今後は、予選に出る回数も減るでしょう。

この環境で8割はもちろん7割をキープしたら

怪物と言えると思います。

その最後の新人王戦の準決勝の

解説をさせて頂けることになりました。

解説させて頂くたびに

見たことのない手筋や勝ち方を

見せてもらえるので

今回も楽しみです。

対戦相手も天才という意味では

引けを取らないと思うので

序盤から注目したいと思います。

2018年9月14日金曜日

新しく

今日は打ち合わせに。

来年始めくらいに

「必至」に関する本を出させていただきます。

今までシリーズを書いていたので

気持ちを新たにやっていきたいと思います。

2018年9月13日木曜日

シンプルに

ブログやツイッターで

いろいろやってきましたが

一通り出来たので

自動更新していたものは

一区切りとします。

これからはシンプルに

その時々で考えていこうと思います。








2018年9月12日水曜日

最終戦

王位戦はフルセットに。

中継を見た感じだと防衛かなと

思う感じもありましたが

最後はキレイに決まった感じでした。

1人1冠が崩れるかどうか。

新人王戦は三段が決勝に。

名前の読み方が気になりますが

初めて見て、かなり好感の持てる

そんな奨励会員でした。

決勝は藤井七段か青嶋五段が相手で

藤井七段なら関西対決になりますね。

2018年9月11日火曜日

女流王座戦

女流王座戦で清水さんが挑戦者に。

理事を務められてますし

最年長記録を更新して

素晴らしい結果だと思います。

結果によっては

女流棋界もタイトルが分散する

状況になるかもしれないです。

2018年9月10日月曜日

王位戦

早指しトーナメントは藤井七段が優勝。

内容的には二転三転する場面もあった

自分にはそう見えましたが

最後は、一気に勝ち切った印象で

さすがのキレ味だなと思いました。

今日からは王位戦。

防衛か?ファイナルラウンドか?

少し気になるのは

相振り飛車があるのかどうか?

そこに注目しています。

2018年9月9日日曜日

決勝戦

日曜の夜の定番になってきた

アベマのトーナメントも

今日が決勝戦みたいです。

予想通りという訳ではないですが

若い2人が勝ち上がって

30連勝をかけたカードと

同じ顔合わせになりました。

全てを見てきた訳ではないですが

このルールに対しては

佐々木さんの方が

慣れているというか向いている?

ような印象ですが

どんな結果になるでしょうか。

2018年9月8日土曜日

竜王戦

1日前ですが

広瀬八段が竜王戦挑戦を決めました。

100タイトルか久しぶりのタイトルか

みたいな感じになります。

流れとか言うとオカルトっぽいですが

第2局の逆転勝ちが結果的に

大きな勝ちになった気がします。

名勝負を期待したいと思います。


2018年9月7日金曜日

ハゲタカ

昨日、今回楽しみにしていた

「ハゲタカ」というドラマが

終わりました。

主人公が良く描かれるのは普通ですが

ハゲタカだと柴野さんのように

上からの指示に背いても

正しいことをする人

そういう人に憧れるというか

そういう人がいれば

不祥事みたいなことは

それなりに減るのかなと思います。

楽しみが減ってしまいますが

また新しいドラマを

見つけたいと思います。

2018年9月6日木曜日

映画

今、見に行きたい映画が2つ。

コードブルーと木村さんと二宮さんの

検察の話です。

また。もうすぐ瀬川さんの映画が

公開されるみたいで、CMで流れてます。

昨年も映画が公開されましたが

あまりタイミングが良くなくて

惜しい感じでした。

今回は上手くいってほしいと思います。








2018年9月5日水曜日

王座戦

王座戦が開幕して挑戦者が先勝しました。

将棋界を代表する男前対決ということで

「王子対決」など言われていますが

自分の印象では

どちらもかなりの攻撃性というか

ハードな攻め合いが楽しめると思います。

自分がアベマテレビで

将棋を見るようになったのは

昨年の王座戦がきっかけでした。

普段は携帯中継を見ていましたが

家で映像を見ていたら

想像以上に楽しかったのを覚えています。

特に終盤の切迫した局面で

羽生さんが慌てて着手した手など

印象に残りました。

棋譜だけでは判断出来ないものが

映像から伝わります。

昨日の対局や、近況から判断すると

今回は西の王子の初タイトルが

有力かなと思います。

将棋界は西高東低の流れが

当分続く感じでしょうか。


2018年9月4日火曜日

最年少記録

昨日は棋王戦があって

菅井王位が勝ちました。

ネットニュースを見ていると

藤井七段の初タイトルを

今かと期待している感じで

やはり最年少タイトルの記録が

更新されるのを見たいのだなと

感じます。

活躍と残りの時間から

更新される可能性が高いと

見ている人も多いと思いますが

なかなか厳しいのではないか

と思います。

ざっくり言うと、あの関西ブロックを

抜けてタイトルに挑戦するのは

タイトルを獲得するのと

同じくらいの難易度だと思います。

まだ2年はあるので

じっくりと構えてもらいたいな

と思います。

2018年9月3日月曜日

新四段

昨日書いた件は散々な結果でした。

今までが出来すぎとあきらめます。

昨日三段リーグが終わり新四段が

誕生しました。

最近は、関西が強い印象でしたが

今回は関東のワンツーでしたね。

山本新四段は、研修会で見ていたので

時間は掛かりましたが

良かったなと思います。

研修会の時に、4連勝してクラスが上がって

ガッツポーズしていた時があって

「そんなに嬉しい?」

と聞いたら

「昇級も嬉しいけど、ご褒美に

お父さんが牛角に連れて行ってくれる」

満面の笑みで返してくれたのを

今でも覚えています。

まだ奨励会にもいますが

棋士になった人が多く

レベルの高いメンバーが

集まっていたのだと

今にして感じます。

最近は、その子達と対局するのを

楽しみにしています。


2018年9月2日日曜日

勝ち上がれるか?

9月になりました。

数年前から始めている一口馬主で

3才馬達が、岐路に立たされています。

今のところ勝ち上がれたのは2頭。

今月中に勝たないと

引退や地方に移籍になります。

ここまでは、奇跡的に好成績で

きていますが

まだ未勝利の数頭が勝てるかどうか

大きな違いがあります。

期待できるのもいるし

厳しそうかなというのもいますが

勝負の月です。


2018年8月31日金曜日

昨日のはなし

毎日テレビを見ていると

次々といろいろな業界の問題が

吹き出している感じです。

対応する偉い方々は

60代だったり70代なのかなと思いますが

何と言うのか、感覚のズレを

疑ってしまう場面が多々あります。

昨日は、体操の話題一色でした。

パワハラが疑われている

体操協会の副会長は

たまたまですが、自分の小学校の大先輩です。

問題が起きて、第三者委員会ができて

そういう流れが毎週のようにある感じで

どうなってしまうのだろう?

というのが今の実感です。

「ハゲタカ」というドラマで出てくるように

日本は腐っているのかなと

思わざるを得ないですし

失われた30年で得た物は何もない。

という感じでしょうか。

仮にやめさせて、一掃しても

次に来た人達が同じことをするというのは

そうなのだろうと思いますし

もう、集団が良くないのかなと

思ったりもします。

あとは、近い世界で

大きな問題が起きてしまわないように

そう願っています。

断捨離

今日で8月は終わりですね。

8月は非常に楽しい面やラッキーも

ありましたが

基本的には最低な月になってしまいました。

8月暇だった分は

9月に回ると思いますが

7月に頂いた貯金を

気持ちよく吐き出していく

そんな月になりそうです。

それでも、自分が頑張れば何とかなる面は

何とかしないといけないとは思います。

一応、かなり断捨離を行なって

あとは身体的、精神的な断捨離が

成功すればいいなと思います。




2018年8月30日木曜日

最近

ひまでテレビばかり見ていると

昨日は、バスケや体操、そして病院

同じニュースを何回も見ます。

それぞれのニュースに

意見を言いたいなと思うことも

ありますが、実際には

言わない方が得かなと

判断してしまう自分がいて

最近は書かなくなりました。

以前は、文句を言われたら

それに対応すればいいと

思ってきましたが、今は

逃げ腰です。

匿名でアカウントを作って

書いてみようかなと

考えたこともありますが

なんか違う感じがしました。

それでも、極力言いたいことは

言っていきたいと思っているので

上手く境目を見つけていきたいと

思います。


2018年8月29日水曜日

王位戦

今日勝った方が王手の対局。

相振り飛車もそこそこ指す

豊島さんと思いますが

今回は居飛車を貫いている感じです。

もうすぐ1日目が終わりますが

居飛車が上手く抑え込めるか

振り飛車が突破できるか

それが2日目の見所かなと思います。

形勢はほぼ互角だと思いますが

居飛車側が上手く指さないと

金が離れている分

大変かなと思います。


無敗

藤井七段はまだ順位戦無敗とか。

昨日は今まで見た中で

1番差が付いた感じですが

それでも最後は綺麗に決めてました。

質問も頂いたので、YouTubeで探して

アベマの解説を見ましたが

途中から解説の中田さんが

ちょっとイヤになっている感じがあって

個人的には気持ちが分かるので

気を付けないといけないなと思いました。

かなり差が付いた場面や

戦いが始まる前など

トーク力がかなり問われると思うので

解説させて頂ける機会があるように

少しは勉強しないといけない

と思いました。

余談ですが、自分が頼むことが多い

出前のカレーライスを

藤井七段が注文していて

ちょっと嬉しい気分になってしまいました。


2018年8月28日火曜日

感動した

竜王戦はタイになりました。

深浦さんがかなり押している印象でしたが

広瀬さんの追い込みがさすがで

一気に抜き去った感じがします。

しかし、そこからの深浦さんの頑張りも

尋常ではない感じで、簡単には決まらず

かなり見入ってしまいました。

おそらくですが、とりあえず入玉すれば

広瀬さんの勝ちがほぼ決まる

そんな状況でも、果敢に寄せにいき

最後は綺麗に詰まして勝ちました。

見ているというか

見えているものが全く違う感じで

これがトップクラスの将棋なんだなと

思います。

簡単に名局という言葉は

使わないようにしていますが

個人的にはかなり面白いと思います。



2018年8月27日月曜日

竜王戦

今日は2局目で、挑戦が決まるか

持ち越しかの日です。

中継を見た方はご存知かもしれないですが

深浦さんはケガをされたとかで

左手で指している。

パッと見たら、ケガの雰囲気など

微塵も感じないので

最初は驚きました。

昔から言ってますが

自分は基本的には若い方を

応援して見ているので

広瀬さんに期待して見てますが

深浦さんが挑戦して

40代同士のタイトル戦も

最近からするとレアな感じかなと思います。

早指し

日曜の夜はアベマで

早指しを見る機会が増えました。

昨日は高見叡王対藤井七段。

初戦だけ見れませんでしたが

叡王が勝ったみたいで

意地を見せる感じかなと思いましたが

残り2局の藤井七段のキレ味が

ハンパなかったです。

夏休みでしたが、そこまで対局が

付いた感じはしなかった藤井七段。

やはり対局を見ると楽しいですね。

あらためて見ると

駒を成る動作の時に

藤井七段はかなり特殊な感じということに

気が付きます。

一捻り加えている感じですが

そのうち真似をする人が

現れるかもしれませんね。

これで、早指し戦は

藤井七段対羽生竜王か佐々木六段

ということになります。

どちらになっても盛り上がりそうで

注目したいと思います。


2018年8月25日土曜日

注目カード

昨日は藤井ー里見戦がありました。

ニュースによると多くの取材陣が

来ていたみたいです。

内容的に、惜しい感じもありましたが

終盤の藤井七段のキレは

さすがだと思います。

今回の内容なら

再戦するまで勝ち上がる機会も

ありそうな感じがしますので

また頑張ってほしいなと思います。




暇だと

時間がありすぎると

ツイッター見たり、テレビ見たり

ニュースやワイドショーを見ると

世の中不満で溢れてるのかなと

思います。

最近気になったのは

カメラを止めるなという映画について。

最初は、製作費も少ないのに

かなり面白い。

そんな感じでしたが、最近は

盗作なのでは?

という話になってきています。

監督が参考にしたと

インタビューで答えているように

原案的なことはあるのかなと思いますが

何というか、売れたから絡んでる

という感じがしてしまって

映画のヒットに水を差した印象です。

こういう話は結構気になるところで

例えば、将棋でもソフトを使って

棋譜を作ったり、解説をした場合に

権利とかどうなるのかな?

というのがあります。

基本的には専門家に聞くしかない

そう思いますが

自分の感覚だと、もうソフトの対局は

定跡のようなものかなと思います。

ネットを見ればある訳で

誰が先に見たとかではないのかなと。

ただ、ソフトを開発した方は

何か特典があればいいなとは思います。

話が逸れましたが

最近は暗いニュース続きなので

そういう流れに入らなけばいいなと思います。

2018年8月23日木曜日

立て直し

王位戦はタイに。

熱い夏はまだ続いていきそうですが

自分の8月は散々な感じでした。

スタートのライブが良かったので

7月からいい流れだと思いましたが

自分で終わらせてしまった感じで

9月は立て直せるように

残りの8月を使いたいと思います。

2018年8月22日水曜日

王位戦

王位戦が佳境です。

今回王位が勝つと初防衛に王手。

挑戦者が勝てばタイ。

奪取となると、タイトルを分ける状況が

いきなり終わります。

初日からかなり進んでいますが

見た感じは挑戦者が有利でしょうか。

明日は早い時間から注目だと思います。


甲子園

かなり話題になっていた

金足農業の快進撃。

最後は名門の大阪桐蔭に敗れましたが

社会現象と言っていい感じの

8月だったと思います。

ツイッターで見たのですが

大阪桐蔭は寮に住んで

携帯も使わず親にもなかなか会えない。

そんな厳しい環境で練習を

しているみたいです。

現実的には出来ないでしょうが

将棋も同じような生活をすれば

かなり強い子達が出てくると思います。

甲子園については

いろいろな意見があるみたいですが

個人的には、夏にやるのも

甲子園に場所を限定するのも

柔軟に対応した方がいいのでは

と思います。

最後になりますが

金足農業が途中の試合で決行した

ツーランスクイズという作戦。

草野球レベルの自分ですら

リスクの高い作戦と分かります。

ただ、こういう勝負は

理屈ではないのだなと

あらためて実感した試合でした。

2018年8月21日火曜日

成長の夏

昨日は秋葉原でAKB48の劇場公演を

見てきました。

夏休みということで1日2ステージ

あるみたいで

10代のメンバーなど

一気に成長するのかなと思います。

この辺りは奨励会も一緒で

一気に強くなる時期というのは

誰にでもあると思います。

自分で言うと14〜15才と

23くらいは、まあまあ

強くなったのかなと

思う期間です。

41の今から強くなれるのかは

分かりませんが

夏は成長の季節ですね。




2018年8月20日月曜日

絶対王者

アベマの早指し企画。

ついに提案者でもある

羽生竜王が登場しました。

相手の佐々木さんはかなり若いので

いくら絶対王者と言えどもと

思ってましたが

結果は連勝で初戦突破。

やはり王者は強い。

という普通の結論になりました。

持ち時間は5分でも

指すたびに時間が増える可能性もある

不思議なルールだと思いましたが

慣れてくると面白いです。

単純に若い人が優勝すると

予想していましたが

絶対王者の勝ち方を見たら

一筋縄ではいかない感じがします。

2018年8月19日日曜日

3年目にして

このブログでもたまに書いてますが

一口馬主をはじめて3年くらいになります。

昨日、初めてJRAの新馬戦を

勝つことができました。

競馬も1度は勝たないと

引退しないといけない仕組みなので

これで長めに楽しめるのと

早めに勝ち上がっていく方が

重賞という大きなレースに

出れる可能性が増えます。

そういう意味で嬉しい1日でした。


2018年8月17日金曜日

頭の良さ?

たまたまYouTubeで見た

ある企業の試験問題。

8ドルで仕入れた鶏を9ドルで売り

次は10ドルで仕入れた鶏を11ドルで売る。

いったい、どれだけの利益が

出たのでしょうか?

というものでした。

自分の考えでは、最初の取り引きで

1ドル増えて9ドルになり

10ドルで買うということは1ドル損をして

11ドルで売り1ドルプラスだった。

と思いました。

しかし、解説動画を見ていたら

3ドルのプラスとマイナス

そして2ドルプラスとプラマイゼロ

以上の4通りが多い答えみたいでした。

詳しい回答は省きますが

3ドルのマイナスという人が採用され

自分の1ドルプラスは

補欠合格という結果みたいです。

よく、IQテストとか頭の良さを

問われるような問題を解くと

大体センスのない部類に入ります。

これはきっと、将棋の強さにも

比例しやすいことで

そういうことなんだと思います。

ダメなりに頑張っていく方法を

考えていかなければ。


2018年8月16日木曜日

相振り飛車

昨日は羽生ー佐藤戦がありました。

世代的にはゴールデンカード

という感じですが

久しぶりに見た感じもあります。

また、相振り飛車なのも

懐かしい感じというか

ただ楽しい中継でした。

昔、相振りで1番強いのは?

という議論があって

個人的には現会長を推していたので

そういう意味でも楽しい感じでした。

ちなみにですが

かなり割れていたというか

はっきりとした1位は

決まらなかった印象で

今でも誰だろうという感じです。

2018年8月14日火曜日

竜王戦

今日は竜王戦の挑決があります。

どちらも実力者で、初挑戦が不思議な

感じがしますが

楽しみな竜王戦になりそうです。

2018年8月13日月曜日

子供スクール

昨日は子供スクールの

代打講師を務めてきました。

子供スクールは分校もありますが

新宿と千駄ヶ谷は統合されるみたいで

いい方向に進んでいるなと思います。

いろいろ意見があると思いますが

個人的には

千駄ヶ谷は事務所と対局場所と

あとはスタジオくらいにして

道場などは外にある方が

いいのではないかと思っています。

その辺りは、会館建設委員会で

話し合われるかなと思いますので

経過を見守りたいと思います。


2018年8月11日土曜日

かっぱ寿司

昨日は夜ごはんに初めて

かっぱ寿司に連れて行ってもらいました。

回転寿司はそれなりに行きますが

郊外型というか

かなり大きな箱で

注文した物は電車の模型が

運んでくれるサービスもありました。

1番驚いたのは、一幻という

えびラーメンで有名なところとのコラボ

小さなサイズですが

えびラーメンを寿司屋さんで食べれるのは

かなりありがたいサービスだと思います。

ただ、明らかに人が足りていない感じで

お客を捌ききれていない感じがしました。

人が足りていないというのは

多くの場所が抱えてる

悩みなのでしょうか。

2018年8月10日金曜日

週末は

今日からは今年始めにお邪魔した

静岡で合宿というか

日曜日まで放牧に出て来ます。

気持ちはゆったりと

行動はバリバリとして

全体的に上げていきたいと思います。

2018年8月9日木曜日

決め方

昨日の順位戦。

羽生さんが快勝なのかと思いながら

電車で帰って、録画しておいた番組を

見ていました。

終わって中継を見たら

深浦さんが追い込んでいて

少しして見たら、逆に勝ちそうに

見える局面になっていました。

その判断が正しいかはわからないですが

最後は、羽生さんが大量の持ち駒を生かして

詰ましました。

激闘というのがぴったりの対局で

久しぶりに日付けが変わっても

勝敗がはっきりしない感じでした。

少し時間を置いて見直しましたが

最後の△79金という手。

おそらく△67香成とする人が

圧倒的に多いのではないかと

個人的には思うのですが

羽生さんはそういう時は

少数派の手を選んでいる

そんな感じがします。

何で△67香成かというと

変化の少ない追い詰みなので

読み抜けの心配が少ない

というのがあります。

最近思うのは、そういう局面で選ぶ手に

強さとか出るのかなということです。

誰でも分かるその向こう側に行かないと

トップ棋士にはなれないのかも

しれません。

その辺に注目して行きたいと思います。




2018年8月8日水曜日

Mリーグ

Mリーグのドラフトは

意外というとあれですが

予想とは全く違う内容になってました。

今後は既存の団体などと

どんな関係になるのか

その辺も注目ですが

個人的な感想としては

RTDリーグも含めて

そろそろお腹いっぱいかな

という感じです。

それでも、麻雀を打って生活する

というのが可能になれば

夢が広がる感じなので

成功してほしいなと思います。

2018年8月7日火曜日

ドラフト

今日は、今度始まる麻雀プロリーグの

ドラフトがあるみたいです。

参加は21人とプロの人数からすると

かなり狭い感じで

転向を発表した萩原さんも

どうなるか楽しみです。

以前から感じてますが

麻雀界が一丸となると

エンタメ業界としては

トップになるのでは?

というのがあります。

競技麻雀と普段ゲームや打たれている

麻雀では、ルールがあまりにも

統一されていない感じで

それが統一されただけでも

すごくまとまる感じがします。

麻雀界が新しいスタートをする日を

注目して見たいと思います。


2018年8月6日月曜日

いつも通りに

昨日までは、仕事や遊びが

毎日のようにあったのですが

今週は金曜日まで何もなく

いつも通りのニート生活になりそうです。


2018年8月4日土曜日

囲碁

今日は、昔出させて頂いた

囲碁の番組を見てきます。

今は移動中ですが

井山さんが失冠したニュースを見ました。

もう一度七冠があるのか

将棋界のように分散していくのか

注目ですね。

2018年8月3日金曜日

感謝祭

8月に入ってから2日間

AKB総選挙の感謝祭に行ってきました。

このライブの特徴は

応援したメンバーの席があり

メンバーが近くに来る演出があります。

初日は17位〜100位。

2日目は2位〜16位。

2日目は全員がソロでやる時間があり

アピール抜群な時間になってます。

選曲もメンバーがするみたいですが

本当に良く考えられていて

メンバーが伝えたいことが

良く分かる感じになってました。

またすごいなと思うのは

始まる前に、メンバーからSNSなどで

サイリウムの色が指定され

応援席に座るファンはそれを実現。

自分はHKTファンですが

3人いる出場メンバーに対して

それぞれのメンバーのソロでは

合わせようというのが

やはりSNSで言われていました。

これは強制ではないですが

綺麗に変わるのを見たら

一体感があるというか

本当に楽しいグループだと思いました。

これだけで終わってもすごい感動だと

思いましたが

途中からは、グループ関係なく

今主役のメンバーの色にする

そういう空気に会場がなっていて

最後2位の須田さんの時は

会場は真っ赤に染まっていました。

今回の総選挙は

終わった後から良くない空気もあって

なんかイヤな感じを抱えてましたが

今回の感謝祭で

吹っ切れた感じがしました。

ラグビーのノーサイドのように

将棋界にも駒は盤上では激しく戦うが

終わったら仲良く駒箱に入る。

という表現があります。

それを思い出すような

気持ちのいい光景でした。

2018年8月1日水曜日

8月

藤井七段の▲53桂左成は

ちょっとした感動でした。

見ていて、どんな詰めろを掛けるのかな

と思っていましたが

すっと▲41飛と打って

どういう詰めろか分かりませんでしたが

手順を見たら納得でした。

やはり、詰みが見えるスピードというのは

大事で、恥ずかしい話ですが

▲61飛成を取ると▲52金からの3手詰み。

それに気付くのに、自分は多少時間が

必要でした。

今日から8月になりますが

全体的に底上げをする月に

したいと思っていて

いろいろ取り組みたいと思います。


2018年7月31日火曜日

100局目

今日は竜王戦と順位戦がメイン。

竜王戦は3人に絞られました。

順位戦はC1で藤井七段は100局目

ということみたいです。

今日は同期が対戦していますが

序盤からかなり濃い感じの内容に

なっている気がします。

夜に決着するでしょうから

今は昼寝の時間です。

卒業発表

昨日は中野サンプラザに

NMB48の全国ツアーを見に行きました。

感想はツイッターに書きましたが

最後に、さや姉で同じみの

山本彩さんが卒業発表されました。

今まで何回かライブを見に行ってますが

卒業発表を目の当たりにするのは

初めての経験でした。

かなり場数は踏んでいるであろう

山本さんでも、なかなかすんなり

という挨拶ではなく

やはり、大きな決断なんだと思いました。

将棋に例えるのもどうかなと思いますが

飛車や角のような大駒な感じのメンバーが

どんどんやめたり休んだりして

48グループは大丈夫かなというのが

ライトなファンである

自分の感覚です。

7月の終わりに

思わぬ体験をしましたので

8月は気楽に行きたいです。

2018年7月30日月曜日

中野サンプラザ

今日は中野サンプラザに

ライブを見に行ってきます。

若い頃は大会などで将棋を指したり

奨励会の頃はバイトとして

手伝いをしたり

将棋の関係でしか行ったことが

なかったですが

初めてライブを見に行きます。

7月は表向きは素晴らしい内容なので

8月は名実共にいい内容になるように

前向きに行きたいと思います。

2018年7月29日日曜日

朝日杯

今日は朝日杯名物の一斉対局があります。

自分も3回出させていただきましたが

最後に初めて勝たせていただくまで

連敗してました。

7-3くらいがよくある結果ですが

今年はどうなるでしょうか?

2018年7月28日土曜日

新人王戦

アベマでは藤井ー八代の新人王戦が

中継されていました。

2人とも朝日杯で、最年少優勝記録を

作ったので、新人王戦というのが

意外な感じに見えました。

かなり熱戦な感じでしたが

最後は、藤井七段が上手くまとめた

そういう印象を受けました。

段位の関係で

最後の新人王戦になるみたいなので

1局でも多く見せてくれたらと思います。

2018年7月27日金曜日

王座戦

昨日は夕方に仕事が終わり

そのあとは麻雀に。

新しくできるプロリーグの話など

久しぶりに麻雀の話をしました。

7月はラッキーが続いて

久しぶりに内容のいい

月だったと思います。

8月は継続できるように

少しスタイルを変えて

生活していこうと考えています。

今日は王座戦の挑戦者が決まります。

斎藤さんが挑戦なら

若いはもちろん、過去最高に男前同士の

タイトル戦なように思いますし

復調の兆しが見える渡辺さんが挑戦なら

2冠目で序列1位なるか?

という面が注目されると思います。

また当然、中村王座の初防衛も

注目されるでしょうから

楽しみなタイトル戦です。

2018年7月25日水曜日

最近のプレイリストから

https://youtu.be/-97bU0sptZU

詞がすごく刺さる感じで

良く聞いています。

けやき坂は2期生という感じですが

欅坂と比べても

人気やポテンシャルに遜色はない

そんな感じがします。

乃木坂と欅坂を上手く組み合わせた

そんなグループに見えます。

涼しくなーれ

王位戦はタイになりました。

結構差が付いた感じでしたが

手堅く、隙なくまとめた感じです。

ここ数日、自分を見つめなおすというか

来月からの生活の仕方などを

考えていましたが

結局は、運に任せる感じになりそうです。

ただ、明日がいい結果なら

少しだけ頑張ってみようかな

なんて考えたりしています。

どちらにしろ、もう少し暑くない

環境にならないかなと思います。


王位戦

王位戦は銀冠穴熊。

棋聖戦の結果もあり

豊島さんが奪取すると

タイトルのバランスが崩れます。

見た感じは先手に不満がないように

見えますが

答えは夜に分かります。

2018年7月24日火曜日

試行錯誤

日曜日は山形県の米沢に行ってきました。

地元の強豪の方が開いた将棋教室で

かなりみっちり指した感じがします。

今、自分が課題に感じているのは

こういう、教室やイベントなどで

どれだけ有効なアドバイスを

できるかということです。

将棋に限らないと思いますが

ある程度上達した方が

面白さは分かるはずなので

自分が掴んだ感覚を

分かりやすく伝えたいなと

思います。

今は、試行錯誤していますが

感覚の掴み方と、掴むための準備?

この辺りが大事かなと思っています。


2018年7月22日日曜日

昨日

昨日は叡王戦があり

長谷部四段は横山さんに負け。

質問箱にもいくつか頂いてますが

内容的には完敗に近いと思います。

4月にデビューしてから

なかなか結果が出ませんが

これは長い目で見て頂くしかない

と思います。

彼からしたら、自分に何かしら言われるのは

不愉快でしょうし

もう、自分の力でなんとかして行かないと

いけないのだろうと思います。

将棋で負った傷は

勝つくらいしか治らない

と思いますので

早く良くなる日が来ると

いいなと思います。

正直に言いますと

彼のように大きな期待を背負う

という経験がないので

掛けて上げる言葉がわからない

というのが本音です。

このブログを読んで頂いた方で

彼と縁がある方は

優しくして上げてください。

宜しくお願いします。

2018年7月21日土曜日

プロ転向

明日は山形に出張です。

今日は麻雀見たり将棋を見たり

麻雀駅伝はアマチュアが1位のまま

最終日になりました。

また、俳優の萩原聖人さんが

プロへの転向を表明。

やはりMリーグができて

大きく流れが変わりそうです。

棋士から転向する人も

もしかしたら出て来るかもしれないですね。


あきらめたら

ニコ生をご覧になって下さった方

ありがとうございました。

藤井七段の巧みな序盤から

圧勝かなと思いましたが

決め手を与えない森下九段の辛抱は

難しいですが、見習わいといけない

そういう感じだと思います。

他にも感じたのは丁寧な挨拶。

離席する時に「失礼します」

と頭を下げて、それに対して

相手が挨拶する。

失礼しますというのは

無くても良いものですし

それに返す必要もありません。

しかし、見ていてあまりに丁寧な応酬に

いいなと思いました。

また、放送中に言いましたが

世代が違う棋士の年令や

タイトル戦の第何期などは

自分は興味ないというか

ほぼ分かりません。

しかし、コメントくれた方々は

ほぼ即答で教えてくれました。

ありがたいことですし

これからは少しずつ覚えていきたいと思います。

それにしても10数時間

将棋に触れる機会を頂いて

ありがたいです。


2018年7月19日木曜日

順位戦

夏の暑い中ですが

順位戦が多く指されています。

明日は藤井七段の順位戦を

ニコ生で解説させて頂きます。

昼休み終わってからだと思いますので

良かったらご覧になって下さい。

体調は非常に良いので

あとは頭が付いていけるように

と思います。

移転

昨日は、子供スクールの代打講師を

やってきました。

最近の将棋に対する高評価からか

生徒さんの人数も増えて

将棋会館では手狭になりました。

今までも、そういう状況はあったと

思いますが

今の運営は対応も早い感じで

新しい会場で行うことになってます。

初めて行きましたが

新しい感じのビルですし

広さもいい感じだと思います。

最近は、生徒に付き添いたいという

親御さんも増えていますので

待ちやすい環境にもなっていると思いますし

あとは、生徒さんに対する

上手い教え方を覚えていきたいと思います。

攻めが上手い子や、守りがしっかりした子

早指しの子やしっかりと考える子

なかなかマニュアル通りにはいかないです。

個人的には

とにかく攻めるのと

詰みを意識すること

この2つを上手く伝えられる

ようにと思ってます。

また、グングン伸びる子を見るのも

楽しみの1つで

こういう楽しみ方もあるかなと

思うようになりました。

もうすぐで夏休みみたいなので

1ヶ月くらいは

子供に関するイベントが増えそうです。

2018年7月18日水曜日

初タイトル

豊島棋聖が誕生しました。

100タイトルもあり

ニュースでも取り上げていただいた感じで

報道陣の数も多いように

見えました。

初タイトルまで苦戦した感じでしたが

勝ったあとのインタビューも

落ち着いた感じに見えましたし

将棋界の中心になるのかなという

感じがします。

個人的なことを言うと

公式戦で指したことがある人が

タイトルやA級に行くなど

活躍するのが嬉しくて

子供や孫がいたら自慢してると思います。

これで8タイトルが全員違う

ということになったみたいで

ここからどうなるのか

予想としては

関西の10〜30代中心に

多くのタイトルが争われる

そんな感じかなと思います。

関東は、世代的に名人がどこまで?

ということになるかなと思いますが

竜王含む世代の方々も

まだまだ譲らないかもしれません。

世代交代も含めて

これからのタイトル戦は

面白いかなと思います。

Mリーグ

昨日、新しいプロ麻雀リーグが

立ち上がると発表されました。

サイバーエージェントの藤田社長が

発起人になっていると思いますが

麻雀界が新時代に入った感じがします。

麻雀の悪いイメージを消しながら

オリンピック競技を目標にするとかで

少しうらやましい感じもあります。

上手くいってほしいと思うのと同時に

麻雀は、安定した成績を残すことが

本当に難しいと思うので

どうなるのかなと思うところもあります。

前日の麻雀駅伝では

アマチュア連合が躍進したように

プロとアマの差が少ない競技だと思います。

8月7日にドラフトがあり

7チームが3人ずつ選ばれるみたいです。

今後楽しみですね。

2018年7月17日火曜日

初タイトルか100期か

棋聖戦が今日で決着です。

どちらが勝っても

大きなニュースになりそうです。

振り駒含めて

見守りたいと思います。

HKTBINGO

今日から新番組がスタートします。

アイドルの本業ではないお笑いを

ガチでやる番組ということで

メンバーの新たな一面が見れるかも。

このような、本業ではないところで

頑張ったり、努力したり

というのが素晴らしいと思います。

この時間は、ずっと坂道グループだったので

新鮮な感じもあります。

上手くいって、次もあるような

そんな結果を期待したいと思います。

2018年7月16日月曜日

麻雀

三連休最後はアベマテレビで

「麻雀駅伝」

これを見て過ごす予定です。

昨年はアマチュア連合の優勝で

今年もアマチュア代表に

将棋界から鈴木大介九段が

登場します。

昨年が区間賞だったので

今年はそれ以上は難しいですが

強いとされているプロの方々と

引けを取らない麻雀を見せてもらうと

自分が勝てなくて当たり前

という確認が出来ていい感じがします。

一時期は狂った様にやっていた麻雀も

今は年に数回程度になり

すっかり見るファンになりました。

そろそろ点数計算とか

危なくなりそうなので

夏の間に打ちたいなと思います。

叩き合い

アベマの持ち時間短いトーナメントを

見ていました。

少年時代を思い出すような

短い時間での叩き合いで

普段は見れない姿が見れて

面白いのではないでしょうか。

予選でしたが佐々木勇気さんの

素晴らしい切れ味が見れました。

40代のタイトルホルダーが

どんな感じなのか

これから楽しみです。

2018年7月15日日曜日

今週

三連休ですが、終わると

自分にしてはそれなりに予定が入ってます。

メインになるのは

金曜日の順位戦をニコ生で解説。

ニコ生は、アベマと違って

解説と聞き手が1人ずつの交代なし。

毎回思うことですが

将棋の解説だけでなく

見てくれた方に

面白いと思ってもらえるような

トークができるようにと思います。

2018年7月13日金曜日

神のお告げ?

今日もひまで、先日白井選手について

書きましたし、SKEのメンバーも

イベントに出ていたので

軽い気持ちでボートレースを

やりに行きました。

予想が下手な訳ではないと思いますが

買う選手、買う選手が

スタートで遅れたり

展開のアヤで不利を受けたり

1回も当たらず帰ってきました。

勝負事に向いてないのは

わかっているのですが

ここまで酷いと笑うしかないです。

失意の中携帯を見ていると

8月14日のSKEのライブに

3公演とも当たってました。

きっと、勝負事はやめなさい

というお告げだと信じて

競馬以外は封印しようと思います。

それにしても、自分の弱さに

呆れ果てました。




シンクロニシティ

https://youtu.be/f0wbnQw89J0

昨日は特段書くようなことがなかったので

最近、毎日聞いている乃木坂46の

「シンクロニシティ」

先日行かせていただいた

バースデーライブでも

聞くことができて大満足でした。




2018年7月12日木曜日

今年1番

昨日は今年1番のラッキーな日でした。

昨日知りましたが

叡王戦には生茶を提供して頂くようになり

昨日は2本いただきました。

将棋ファンの方に

ちょっとしたお願いとしては

お茶を買う場合、こだわりのない方は

生茶を買って頂けると

将棋界的にはありがたいです。

また昨日新刊が発売になりました。

長くやらせていただいた

これだけで勝てるシリーズも

一区切りとなります。

こちらも宜しくお願いします。

2018年7月11日水曜日

1か100

棋聖戦は羽生棋聖が勝ちました。

これで最終戦は

初タイトルか100タイトルか

という勝負になります。

最近の成績からすると

タイトルを取ってない方が

不思議な挑戦者に思いますが

試練というやつでしょうか。

最終戦は都心のホテルで

耐震工事中に何回か

行ったことがあります。

次は17日と近いので

楽しみにしたいと思います。


2018年7月10日火曜日

高島屋

今日は棋聖戦ですね。

初タイトルなるかに注目が集まりそうです。

羽生棋聖の高島屋というと

自分が棋士になる半年前に記録を

させていただいた記憶があります。

その時も言われてましたが

羽生さんは新潟で失冠しやすい

というデータがあるみたいで

今回もそうなるか注目してます。

ちなみに自分の時も郷田さんが

新棋聖になりました。


2018年7月8日日曜日

マイナビ女子オープン

一斉予選が終わりました。

1回戦につき4局ずつ

ネットで解説させていただきましたが

30分の持ち時間ということで

かなりスピード感がありました。

12名が勝ち上がったのですが

レジェンドである清水さんや

アマチュアの方も2人に

棋士になったばかりの子など

最初に表を見た時に

実力が拮抗していると感じたのが

そのまま結果に出ていると思います。

中でも、女流王位になった渡部さんは

妹さんに討ち取られるなど

実力者の敗退もありました。

また、マイナビ女子オープンの一斉予選は

ファンの方がスポンサーとなって

相撲のように懸賞金を出すことができます。

スポンサーになった方は

対局を間近に見るなど

サービスもありますし

棋士側は、日頃の活動や人気の

結果が出ることもあると思います。

男子棋戦だと人数が多く大変かなと

思う感じもありますが

出来たらいいなと思うやり方です。

最後に中継しましたが

アマチュアの小野さんの将棋は

基本に忠実な四間飛車で

見ていて好感が持てました。

捌き方や玉周辺の対応など

かなりしっかりしていて

決勝トーナメントでも注目かなと思います。

聞いたら前回もベスト8みたいなので

もう、安定勢力ですね。


2018年7月7日土曜日

王座戦

王座戦は斎藤七段の勝ちでした。

現在の主流というのか

序盤から殴り合いになる感じの将棋で

こういうお互いに引かない感じの将棋は

見ている側には面白いものです。

ライブに行くために途中からは

見ていませんでしたが

最後に見た局面は斎藤七段が

圧倒してもおかしくない

そう思った記憶があります。

後から見た感じでは

そこからかなり追い込んだ感じがしますし

クラスはC1ですが

完全にトップクラスに並ぶくらいの所に

藤井七段は来ていると思います。

おそらくですが

これからは今以上にマークされ

傾向と対策を調べられ

厳しい戦いになるのだと思います。

応援する側というのも変ですが

今のような真っ直ぐな戦い方で

トップに立ってほしいというのが

自分の希望です。

野球で言えば、変化球を覚えたり増やしたり

幅を広げるやり方もあると思いますが

やはり、力でねじ伏せるような

圧倒的な終盤力を見せてほしい。

というのが、自分が思うことです。

今回は映像は見てなく

ネットの記事で見ただけですが

大きな勝負に負けた直後に

力不足と言える人間性など

本当に素晴らしいと思います。

最年少タイトルの記録も

大事かもしれないですが

長い棋士人生だと思うので

大きく成長してほしい(誰目線?)

そう思います。

乃木坂バースデーライブ

自分の本の担当の方が

今年も当ててくれて

見に行ってきました。

今年は6万人を集めて

神宮球場と秩父宮ラグビー場で

同時にライブを開催したみたいです。

すごい人気で、圧倒される空気でしたし

雨がまあまあ降りましたが

関係ない熱さだったと思います。

聞きたかった「シンクロニシティ」も

聞けましたし満足の内容でした。

1つだけライトなファンとして

思うことは

選抜メンバーが表題曲を歌い

アンダーメンバーがアンダー曲を歌う。

それを逆にして欲しいなと思いました。

一緒に行った方はかなり通なので

アンダーメンバーにも精通して

アンダーの曲を楽しんでいる感じでしたが

ライトな立場だと、なかなか難しい

そんか気がします。

もちろん、しっかり勉強しろ

というのもありますが

やはり、有名な曲を聞きたいというのが

ライト層だと思います。

それにしても、乃木坂のライブは

演出が凝っているというか

よく考えられているかと感じます。

アンコールからは、ドラフトではないですが

1人ずつ会場ごとに振り分けられて

似たような立ち位置のメンバーで

やっているかと思いきや

途中からはそうでもなく

しかし、バランスは取れている感じでした。

元々、乃木坂は西野さんと生田さんを

なんとなく応援していた感じですが

今回見た生田さんは

素晴らしい歌唱力でした。

結構、ガチな感じでミュージカルに

出演されている感じなので

そこで鍛えられた感じなのでしょうか。

また、西野さんがソロで歌うと

会場が優しい空気に包まれる感じがするのは

自分だけなんですかね?

大勢でいる時に前に出なくて

控え目な人が、自分は好きですが

西野さんは人気が高すぎて

あまりファンと言わないようにしています。

年に1.2回ですが、乃木坂のライブは

楽しいものです。






マイナビ一斉予選

今日はマイナビ女子オープンの

一斉予選のネット解説を

やらせていただきます。

ブロックにつき4局ずつ

3ブロックあるので

都合12局やらせていただく予定です。

いつもとは違いしゃべるだけなので

なるべく多い情報を届けられるように

やっていきたいと思います。

2018年7月6日金曜日

2年連続

王座戦は渡辺棋王が挑決に。

藤井七段と対決になれば

盛り上がるでしょうね。

王位戦は菅井王位の勝ち。

積極策から押し切った感じです。

今日は王座戦も気になりますが

神宮で乃木坂のライブを見てきます。

昨年は30連勝ならずの日に

たまたま神宮にいました。

2年連続というのも珍しいですが

王座戦は大阪でした(笑)

2018年7月5日木曜日

先手

王座戦が佳境で、今日と明日で

挑戦者決定戦の2人が決まります。

今日は棋王戦と同じカードで

先手が5連勝でした。

第6局とすると、永瀬さんが

先手番を勝てるのか?

というのが気になることです。




2018年7月4日水曜日

王位戦開幕

今日から王位戦が始まります。

初めて、平成生まれ同士の

タイトル戦になるそうです。

通常は対抗形が見れそうなカードですが

意外と相振り飛車もありそうな

予想が難しいシリーズになりそうです。

スタートは先手の中飛車になりました。

2日制ですが

序盤は早い2人だと思うので

どこまで進むかも楽しみです。


ワールドカップの感想など

少し時間が空きましたが

日本代表は惜敗だったと思います。

前半を見ていると

ベルギーの主力選手と言われていた

3人の選手が、少し焦っているように

見えましたし、2-0の局面は

もしかしたらとも思いました。

よく、流れとか言いますが

結果論的に見るとベルギーの1点目。

これが勝負を分けたのかなと

何回か見た感じでは思いました。

おそらく、他のスポーツや将棋でも

こういう状況はあって

すごい手があったとかファインプレー

とかではなく

ふわっとした状況のプレーの結果

それが試合を一気に変えてしまった

そんな感じがします。

ベルギーの1点目は狙って入った

という感じには見えませんでしたし

川島さんの判断次第では

止めていて不思議ないプレーだと

思います。

ただ、1点入ったことで

ベルギーの主力選手が

息を吹き返したように見えました。

将棋でも、下位者が勝つときは

こういう微妙な局面で

正解を出していることが多いと思います。

それから、今回は予選リーグの

戦い方が話題になりました。

もちろん、抜けたからベルギー戦が

ある訳ですが

ベルギー戦のような試合を続けられれば

予選リーグ突破は、することの方が

多くなってきて、ベスト4から決勝などが

見えてくるのかなと

素人ながらに考えてしまいます。

報道を見ていると

今回で世代交代する感じもありますが

世界でプレーをするのが当たり前の

若い世代になっていけば

日本が強豪国になる日も

来るかもしれないですね。


2018年7月3日火曜日

ベルギーって強いみたいですね

質問箱に、まあまあの数来ていた問題は

週が明けて、公式発表があったみたいです。

ルールとマナーの境界線みたいなことは

決めるのも難しいですし

昔から、自団体では紳士協定として

やってきたという歴史もあります。

個人的な意見としては

時間切迫で、粗相をしてしまうことは

本来は避けるべきことですが

気持ちも分かるので

仕方ないと思って見ていることが多いです。

ただ、それを逆手にとって

ルール違反ではないからと

むちゃくちゃする人は軽蔑します。

正直言うと、今回質問だったり意見を頂き

勉強になることや、参考になることが

たくさんありました。

自分が考えていた以上に

ルールを厳しくという意見が多くて

考え方を変えないといけないかなと

思った次第です。

この時間まで起きていたので

これからサッカーを見ます。

ベルギーが強いというのは

最近知りました。

ただ今回は、波乱も多いので

楽しみです。

2018年7月2日月曜日

感動

ワールドカップですが

応援していたポルトガルは

ウルグアイに敗れました。

ウルグアイの2トップが凄すぎて

得点シーンが鮮やかでした。

そんな中、エースのロナウド選手は

全力を尽くしたし、悔いはない

というコメントをしたのと

相手のエースがケガで退場するとき

肩を貸して手助けしていました。

本当にいいものを見たなという思いで

スポーツに限らず

対戦相手をリスペクトするというのは

素晴らしいと思います。


2018年7月1日日曜日

7月

棋聖戦は挑戦者が勝って

初タイトルに王手をかけました。

終盤は混戦だったように思いますが

最後はキレイに決めた感じがします。

これであと1つですが

どうなるでしょうか。

先日書いたボートの白井選手のように

豊島さんがタイトル獲得なしは

かなり不思議なことに感じます。

もうすぐ王位戦もはじまるので

1つ取ったら2つ一気に

ということもあるかもしれません。

注目の7月かもですね。

2018年6月30日土曜日

棋聖戦

棋聖戦が佳境です。

挑戦者が圧勝かなと見ていましたが

棋聖が追い込んでいる感じがします。

ここから1時間くらいが勝負所。

挑戦者が勝ち切れるかに注目します。

2018年6月29日金曜日

リベンジ

竜王戦は増田六段が勝ち

昨年のリベンジを果たしました。

ずっと、増田六段が押していた感じでしたが

最後の粘りはさすがだという感じです。

個人的には▲95角と捨てた手が

すごいなと思っていて

普段は手堅いはずの増田六段が

思いっきりギアを上げて

藤井七段に向かっていった

という印象を受けました。

これで、今年中の竜王奪取と

八段昇段はなくなりましたが

次は王座戦があと2つまで来ています。

そちらを楽しみにして

見ていただけたらと思います。






決勝トーナメント進出

日本は予選2位でグループリーグを突破。

細かなポイントの差での突破でした。

試合の後半は、完全にコロンビアに

託した形の試合運びでした。

プロなんだからとか

勝つためには当然

という意見が圧倒的かと思いますが

自分は正直言って残念に感じました。

結果か過程かみたいな話で

自分は結果がいいからOKみたいなのが

キライだからです。

ベスト16になるのが目標なら

そういうのもいいかなと思いますが

優勝やトップクラスになるには

違うかなという考えです。

いろいろ書きましたが

最低辺にいる人間の考えなので

読んだ方は気にしないでください。




2018年6月28日木曜日

決戦

今日は順位戦がありますが

やはり、サッカーがどうなるのか

そこに注目が集まると思います。

勝つつもりでやって、結果は引き分け。

というのが理想みたいな感じで

言われていて

確かにそうかなという感じもします。

試合前の1番の注目は

相手のエースが出るのかどうか?

まだ先は長いので

体を休めて待ちたいと思います。

気になる話

昨日は大井競馬場で帝王賞がありました。

サムライドライブと同じ名古屋の馬も

出ていて7着。

比較などはこれからだと思いますが

それなりにやれそうな感じがします。

それより怖いのは

前の日に起きたある疑惑。

5月くらいには金沢競馬で

6月に入ってからは

関東でも疑惑が出て来た

俗に言う八百長というやつです。

決定的なものは

出てこないと思いますが

不自然なことが重なっているだけに

ちょっと残念な気持ちで見ています。

これからどういう方向に進んでいくかは

分かりませんが

今はすぐにバレる世の中なので

しっかりとした形で

結論が出てほしいなと思います。




2018年6月26日火曜日

1年振りに

約1年振りに野球を見てきました。

今日は投手戦でしたが

ピンチを何度か凌いでいた

メッセンジャー投手は

最後まで点を取らないで

勝ち投手になりました。

特に、味方がエラーして

1アウト1.3塁のピンチを

凌いだのが大きかったと思います。

逆にベイスターズは

ピンチでファーストが

ファールフライを落球。

その直後に3ランを打たれて

それが決勝点になりました。

阪神のメッセンジャー投手は

ピッチャーゴロを5本以上打たせて

さらに、背面キャッチを成功。

イチロー選手が、ノックを取る時に

披露しているやつですが

実際に見たら感動でした。

今年はサッカーを見る機会が

多いですが、野球もいいなと

思う日になりました。

なんとなく書いてみました

将棋界には

自分には大した勝負ではないけど

相手が大事な勝負なら

全力で勝って流れに乗る。

という考え方があります。

奨励会の頃から考えると

ほとんどの人が体験すると思いますが

俗に言う「消化試合」で

どのように気持ちを持っていくか

という話です。

ちょうど、サッカーの日本対ポーランドが

そんか感じかなと思いますので

書いてみました。

普段遊んでいるような関係でも

こういう時の考え方とかは

あまり話さないので

人それぞれだと思いますが

難しい問題だと思います。

理想があるとすれば

全ての対局で100%が保てるのが

いいと思いますが

現実問題として

自分なんかは、ムラな感じになります。

ただ、難しいと思うのは

気合いが入らないのと肩の力が抜けるのは

紙一重だと思うので

いい結果になることもあります。

サッカーに戻ると

ポーランドのエースは

出るかどうか微妙だとテレビでやっていました。

ケガの可能性もあるから

勝っても次がない試合に

出ないというのは

自然な考え方だと思います。

そういうことを全て踏まえて

ポーランド戦を見たいと思います。




野球

完全なるにわかサッカーモードですが

今日は横浜ベイスターズの試合を

見に行ってきます。

昨年、行って良かったので

今年もお願いしてチケットを

取って頂きました。

雨は大丈夫だと思いますが

自分の現状からすると

油断できないのかなと思います。

竜王戦決勝トーナメント

竜王戦の決勝トーナメントが始まりました。

初戦は関西対決でしたが

藤井七段が勝ち。

序盤から中盤を見た感じからすると

終盤の鋭さが別人みたいな印象で

今までにないタイプの強さだと

改めて感じました。

次は増田六段で、これは10年後の

将棋界を背負いそうな2人の対局です。

今年藤井八段が誕生するには

この竜王を取るしかないですが

ここまでの流れを見ると

そこそこありそうと思ってしまうのが

恐ろしいところです。


2018年6月25日月曜日

サッカー

サッカーのワールドカップ見てました。

2回追いついての引き分け。

コロンビアとポーランドが戦いますが

コロンビアが勝つと最終戦は

敗退確定のポーランドと

日本は戦います。

引き分けでも大丈夫ですし

コロンビア対セネガルの結果次第では

負けても大丈夫なはず。

こういう考え方は良くないと思いますが

可能性がないチームは全力で戦うのか?

ということがあります。

全てを踏まえると

コロンビアが勝ってくれると

かなりの確率で日本は

予選を通過出来そうな感じがします。

書きながら思いましたが

引き分けで最終戦になると

全てのチームが勝ち点4で並ぶとか

奇跡的なこともあるのかも?

その場所は、得失点差など

決まりがあると思いますが

細かな勝負になるのかなと思います。

考えたらキリがない感じで

最後負けなければいい

という結論になりそうで

戦う前から負けた時のことを

考えてはいけないですね。

ただ、なかなか本音は聞けないでしょうが

目なしになった時にどうするのか?

かなり興味があります。

きっと、関係なく全力を尽くす

という人が素晴らしいでしょうし

好かれるのだと思いますが

自分がその立場にいたら

できるかな?と思ってしまいます。

どういう結果になるかはわからないですが

激アツな最終戦になりそうですね。

2018年6月24日日曜日

SG制覇

今日、徳山で白井英治選手が

SGグランドチャンピオンで優勝。

地元での制覇で素晴らしい結果です。

1度お会いして将棋を指しただけですが

当時は、なぜ優勝できない?

と言われていた白井さんが

あれからいくつかSGを勝たれたのが

本当に嬉しいですし

やはり強い人は結果がついてくる

のだと思います。

優勝するまでは、色紙には「王手」

と書いていると、白井さんは言ってましたが

今は何と書いているのでしょう?

まだ将棋は指してくれているか?

など、聞いてみたいことはありますが

成績は、当時から高い水準をキープされて

素晴らしい活躍だなと思います。

今後のご活躍と、ケガなどの事故がない

ことを、たまにボートレースをやりながら

見守っていきたいと思います。


叡王戦開幕

昨日から新しい叡王戦が開幕しました。

最初は九段戦からですが

結構衝撃的な内容だったと思います。

特に2戦目の相穴熊。

▲37桂馬からの全力攻撃は

穴熊と言えば福崎九段

という時代もあっただけの人だなと

感じました。


2018年6月23日土曜日

すげー

王座戦。あと2つになりました。

午前中には王座自らテレビで

解説していたみたいで

結構長い時間を割いてくれたとか。

内容は良く分かりませんが

最後は一気に詰ますというのは

いつも通りのことでした。

昼休み、たまたまですが

右を見ても左を見ても

スターばかりで

ミーハーな自分としては

いい時間を頂きました。

帰りの電車で

「藤井2世を育てた父が語る」

みたいな記事があって

これからも、どんどんすごい人が

出て来そうで

楽しみは尽きない感じですね。


2018年6月21日木曜日

王座戦

明日は王座戦が注目される感じです。

最年少タイトル挑戦なるかの

大事な対局になります。

また、叡王戦が藤井七段からすると

イヤな感じの負け方かなと思うので

リベンジ戦という感じでは

ないでしょうか。

永世名人100%?

名人戦は防衛で終わりました。

外野的な見方としては

名人が圧勝するのかなと

そんな感じでしたが

何があったかはわからないですが

混戦になって、逆転したかな?

という局面になってました。

しかし最後は名人がしっかりと

決めたような感じがします。

これは聞いた話ですが

名人戦を3連覇した人は5人で

全員が永世名人になっているそうです。

次回防衛したらリーチですが

5連覇でないと、あの人が

間に合って来るかもしれないので

その辺りは注目だと思います。


2018年6月20日水曜日

名人戦

名人戦は比較的穏やかな展開。

歩得対手得という感じでしょうか

なんとなくですが

防衛なのかなという印象です。

そして、ワールドカップ。

日本が初戦勝利。

追い風が吹きまくるような

感じの試合だと感じました。

初戦勝ったので

ここまで来たら

予選を通過してほしいと思います。

2018年6月19日火曜日

初日

今日から名人戦です。

防衛か最終局か。

挑戦者が積極策というか

序盤から変化した感じで

面白い戦いが初日から

見れそうです。


注目カード

里見さんが棋聖戦で勝ち

次は藤井七段との対局になりました。

少し大げさに言うと

今年度1番の注目局になるかもしれません。

藤井七段の活躍や昇格スピードからすると

最初で最後の女流棋士との対局に

なるかもしれません。

普段は応援されることが多い

藤井七段だと思いますが

里見さん相手となると

どうなるでしょうか?

対振り飛車は、どちらかと言うと

少ないと思うので

そういう面からしても

注目だと思います。

対局日が決まるのが楽しみですね。

2018年6月18日月曜日

可能性

昨日から始まった新棋戦。

非公式ではありますが

対局者がチェスクロックを自分で押す。

これは、今後に大きな可能性を

残したと思います。

自分が奨励会に入った頃から

記録係が足りないという問題が

解消されないまま、現在まで

来ていますが

この自分でチェスクロックを押すだけで

多くの問題は解消されます。

多少のルール整備は必要ですが

実現したらいいなと思うことです。

記録係は修行の一環という

考え方がありますが

環境も変わってきているので

変えていくのがいいのかなと

思います。

記録係の1番大事な仕事は

時間の管理だと思います。

この部分は、人間がやるより

機械がやる方がミスはなく

プラス面も大きいです。

上手く変わっていってほしい

そう思います。




新棋戦

昨日の17日から

新しい試みとして

アベマテレビで持ち時間の短い

棋戦が始まりました。

この棋戦はフィッシャールールという

一手指すことに持ち時間が加算される

システムになっています。

初回登場は藤井七段でしたが

予選は普通にというか

連勝で突破しました。

年齢的に優勝候補だと思います。

非公式戦なので

成績面での上積みにはなりませんが

強敵に揉まれて

一段とパワーアップが予想されます。

普段の中継とは違って

食事はないですし

盤面以外はあまり映らない

と思いますが

対局を集中して見て頂ければ

と思います。

2018年6月17日日曜日

感想の続き

今日は朝から将棋教室に行って来ました。

電車の時間がまあまああったので

昨日の振り返りなどしながら

反省や今後などを

もう一度考え直してみました。

冷静に考えると

すごい新人が現れるか

出場しない限り

来年以降はほぼ1位が決まった

総選挙になるのだと思います。

そう考えると、CDを買って投票するのは

今回が最後になるのかなと

思うようになりました。

来年以降も継続すれば

期待の新人や

ランクインしてほしいメンバーに

多少の票を入れて、見学したいと思います。

総選挙はそういうスタンスに

しようかと思いますが

ライブなどは

今まで通りに見たいですし

応援も続けようと思います。

今回の総選挙。SKEのファンの方々の

熱意がすごかったと思います。

地元という追い風もあったでしょうが

得票数を見たら完敗だなと思いました。

昨日も書いたようにHKTも

内容は良かったと思います。

ただ、どうしても1つだけ

分からないことは

どうして宮脇さんは

今回に勝負をかけたのか?

ということです。

ただ、終わってしまった今

それを知っても仕方ないかもしれません。

これからは、ライブや劇場公演などで

元気な姿を見せてほしいと思います。






2018年6月16日土曜日

感想

AKB総選挙が終わりました。

大方の予想通り、SKEの松井さんが

19万を越える票で1位に。

応援していた宮脇さんは3位。

ただ、HKTファンとしては

若手が2人選抜入りしたり

ランクアップしたメンバーも多く

まずまずの結果だったと思います。

自分が主に応援したメンバーは

全員ランクアップしましたが

目標に到達したメンバーは1人。

なんとも言えない結果です。

それでも、この期間は

楽しかったですし

もっと真剣に取り組んでおけば

と思うこともありました。

来年があるかはわからないですが

あると思って、今から

いろいろ準備してみようかなと

いう気持ちになっています。

三日坊主な自分ですが

続けるときは長いので

継続は力なりと言い聞かせて

明日から生きていきたいと

思います。

そんな明日は

今やタイトルホルダーを輩出した

石田先生の教室のお手伝いをしてきます。

いい流れをもらえますように。

棋聖戦

棋聖戦は羽生棋聖が勝ちました。

終盤で一瞬の隙を捕らえた感じで

勝負は振り出しに。

豊島さんがタイトルに手が届かないのは

不思議で仕方ないですが

試練というやつなのでしょうか。

王位戦も始まるでしょうし

夏の見どころですね。

AKB総選挙

今日はAKB総選挙。

自分は夕方まで仕事なので

終わってから

家でテレビを見る感じになります。

総選挙はCDを買って投票が基本ですが

他にも投票券のついたサービスがあり

年々、たくさん投票できるように

なっています。

周囲の人を見ていると

大変にも見えますが

みんな充実してる顔をしていて

来年があるかはわからないですが

1年準備して来年に向かって

生活してみようかなと

考えています。

今年に関しては

いつもより多くのメンバーに

投票しました。

その分、数は少ないですが

1人でも多くのメンバーが

目標順位より上に行けばいいなと

思います。


2018年6月15日金曜日

アメトーク

気になっていた「将棋たのしい芸人」

が放送されてました。

注目度の高い番組で

将棋界の仕組みを放送して頂けるのは

かなりありがたいことで

経済効果としたら

かなりの恩恵が将棋界にありそうです。

野球やサッカーのルールを

なんとなくでもみんな知っているように

将棋の駒の動き方を

ほとんどの人が分かるようになったら

もう一段上のステージに上がれるような

そんな気がしていて

そんな日が生きているうちに

来ればいいなと思います。

2018年6月14日木曜日

ご視聴ありがとうございます

アベマテレビを見ていただいた方

ありがとうございます。

朝からでしたが

順位戦特有のスローペースで

将棋以外のトークで

ムダに頑張ってしまった

という感じです。

ただ、いつも質問箱で答えていることを

音声に乗せて答えていたとも言えます。

次回はもう少し解説の精度を上げて

やらせて頂きたいなと思います。




2018年6月13日水曜日

注目棋士

順位戦初戦は豊島八段が勝利。

藤井七段と共に、今年の注目棋士ですね。

昨日も書きましたが、今日は

アベマテレビに出させて頂きます。

解説者が同世代なので

話しやすい感じかなと思いますが

いいところを引き出すことが

できるようにと思います。


2018年6月12日火曜日

順位戦開幕

今日から順位戦が始まりました。

開幕戦に相応しいA級から。

明日はB2で、永瀬ー横山戦が

アベマテレビで中継されます。

自分は開始から夕食休憩過ぎくらいまで

解説の1部を担当させて頂きます。

良かったらご覧になって下さい。

2018年6月11日月曜日

何が真実かわからないときがある

環境の変化に

対応しなくてはいけないですが

何でこんなことをするのだろう?

ということを最近よく見る感じがします。

現在は、AKB総選挙の真っ最中ですが

その投票に使われるコードを

配信や画像で上げてしまうと

投票されてしまうみたいです。

1番最初はショールームというサービスで

メンバーがやっている時に

それを見た気がしますが

昨日はツイッターに上げた

知り合いがその被害に遭いました。

自己責任と言ってしまえば

そうなのかなとも思いますが

なんか寂しい感じがします。

他の問題でも

昭和と比較されて、今はみたいな

意見をよく目にします。

すごい細かいことまで

なんとなく知らされてしまう感じがして

生き方が難しい時代だと思います。

暇だとムダに知ることも増えるので

やることを増やして

上手く対応したいなと

思った1日でした。

2018年6月10日日曜日

昨日

叡王戦の予選が発表されていました。

今回から少し変わるみたいですが

弟子は、1番強いのでは?という

アマチュア招待選手とみたいです。

少しでも、注目されるところで

戦うことはいいことかなと

思いますので

ニコ生で中継される日を

楽しみにしたいと思います。

昨日はマイナビのチャレンジマッチが

行われていました。

短い時間で1日に何局も勝たないと

いけないというのは大変だなと

見ていて感じます。

勝ち上がった方々には

一斉予選でも頑張ってもらいたいと

思います。




2018年6月8日金曜日

総会

今日は年に一度の総会で

弟子の自己紹介も終わり

気楽な感じになりました。

1年で空気は変わり

なんだかすごく明るい会社に

入社したような感覚になり

来年のことを言うと何とか

ということわざがありますが

そんな感じかと思いました。

それでも、ヤフーニュースに出ましたが

将棋会館をどうするのか?

という大きな問題があります。

この問題は、自分が棋士になる前から

既に20年近く決まらないもので

今回も決まるのかどうかの不安は

正直なところあります。

決まらない理由は簡単で

かなりのお金がかかるから。

また、会員の権利が強い団体なので

多くの会員が賛成する案でないと

否決されてしまうこともあります。

それでも、羽生さんが代表になり

運営陣も強力な現状なら

いい意見が出て、決まってほしい

と思います。




2018年6月6日水曜日

棋聖戦

今日から棋聖戦ですね。

勝手な予想ですが

挑戦者が奪取すれば

一気に世代交代が進む気がしています。

所属から考えても

藤井七段の壁になるのは

豊島八段や菅井王位に

なる可能性が高いので

そういう意味でも注目の

シリーズになると思います。




連勝街道

東京に帰ってから

携帯中継で竜王戦を見ていましたが

また1つ藤井七段のエピソードが

できたような対局でしたね。

ツイッターにも書きましたが

そこまで進めば指すことができる

派手な決め手がありましたが

前の段階で気付かないと

その変化に踏み込むのは

無謀だと言える手順です。

リアルタイムでは見ていないですが

谷川九段が

光速流と言われ始めた時は

今日の藤井七段のような勝ち方が

多かったから、なのかなと思いました。

また連勝街道を進んでいる感じなので

次は誰が止めるのか

楽しみは続きそうです。