2017年8月3日木曜日

新しい形?

順位戦の対局後に

気になっていた局面を

控え室にいた人に見てもらいました。

めちゃくちゃ違うこともなかったですが

やはり読みが甘い部分が多かったです。

内容とは関係ないですが

もらった棋譜のコピーの分類が

矢倉になっていました。

雁木は矢倉に分類されるみたいですが

その場にいた人も不思議に

感じているみたいでした。

雁木のような形と戦う機会が

増えていて、考え方も

新しい形にしていかないと

いけないみたいです。

1 件のコメント:

  1. 大平先生はコンピューターソフトの検討機能はお使いにならないのでしょうか。評価値と読み筋が出て参考になりますよね。

    返信削除