2017年5月4日木曜日

趣味の話(かなり長め)

自分の趣味であるオートレースの話。

オート界も若手が台頭していて

昨年から、鈴木圭一郎という選手が

SGレースを3連覇していました。

昨日、川口でSGレースの優勝戦。

準決勝戦を勝ち上がったメンバーが

決められた順番で枠を選びます。

オートのオープンレースでは

ボートレースの様な差はないですが

7と8の外は厳しい。

ということを多くの選手が語っています。

鈴木選手は、選択は1番手

つまり好きな枠を選べるのですが

自ら8枠を選びました。

本人の談話では

4連覇のプレッシャーに負けないために

不利と言われる枠で気楽に走る。

真意かどうかは分かりませんが

考えての作戦だったと思います。

レースに関してはいろいろありますが

結果は、見事に4連覇達成。

もう、現時点に関しては

完全に王者だと思います。

確か、まだ20代前半。

所属していた船橋の閉鎖があったり

苦労されている面もあると思いますが

オート界を引っ張る存在です。

船橋の閉鎖もあったように

オート界も廃止になるのを避けるのが

今後の課題なのかなと思います。

将棋界にも言えますが

ファンサービスをやりすぎ

ということはないと思うので

見る人や関わる人が

少しでも増えるようにと思います。

余談になりますが

将棋界の羽生三冠のように

オート界にも絶対王者と言われる

高橋貢という選手がいます。

もう、25年以上トップレーサーで

昨日の優勝戦にも進出。

まだまだ、SGレースを盛り上げる

存在の選手です。

高橋選手をデビューの頃から見ていますが

トップになる人の取り組み方や考え方

参考になるものばかりでした。

自分は気が付くのが遅かったですが

奨励会を抜けられたのは

高橋選手から学んだことが

多くを占めています。

長くなりましたが

趣味の話でした。




1 件のコメント:

  1. 高橋と鈴木、高橋が絶対王者で鈴木が王者とゆうことは、高橋と鈴木が競争すれば高橋が勝つと言うことか?

    返信削除