2017年4月4日火曜日

電子機器について

もうすぐ始まる名人戦での

電子機器の取り扱いが

少しですが発表されました。

発表の内容としては

金属探知機で荷物をチェックするのと

電子機器は対局開始までに提出する

ということです。

タイトル戦は前日入りすることが

ほとんどなので

前日は提出しなくてもいい

ということです。

ルールとして決めていくのに

言葉をどうするか?

特に複数の解釈をできるような

事のないようにするのは

専門家に頼まないといけない

かもしれないです。

また、ルール作りは続きますが

不正をできない環境を作るのか?

不正を見つけやすい環境を作るのか?

自分の意見としては

対局前のチェックを厳しくするよりも

対局後にチェックする仕組みが

必要なのかなと思いますが

人手や予算などの

兼ね合いもあるでしょうし

課題だと思います。







6 件のコメント:

  1. 大平に期待する

    対局規定の改定が、今回の騒動が繰り返されないものでなければ意味がない
    対局規定の改定があったなら、騒動が起きなかったとならなければ意味がない
    結局改定されたけれど、同様の事態がまた起こったでは話にならない

    この原点だけは譲らないで欲しい

    返信削除
  2. 自分の意見としては不正が出来ない環境作りを徹底してほしいと思います

    ネットでは三浦さんのことを未だにクロだグレーだなどと言う者が一部おり、酷いことです

    不正が物理的にあり得ない環境を用意しないと、どんな言い掛かりを付けてくる者がいるか分かりません。謂れのない嫌疑を受ける可能性、不安から対局者を解放してあげるべきだと思います

    将棋会館では、コンサートホールや免許試験場などが導入している携帯電話抑止装置を導入してはどうでしょう
    http://www.macros.co.jp/merchandise/telepause/index.html

    そのうえで記者などは、LANをMACアドレス等で(個々のデバイスに対し)アクセス制御すればいいかと

    但し、タイトル戦を行うホテル旅館等の施設に携帯電話遮断装置を導入するのは難しいでしょうが

    さらには、不正の防止対策のその先の話になりますが、告発のルール、手続き、処理の流れの整備ですよね。西尾さんが早くからチェスのことを書いてましたが、クロの要件はその場で現行犯を押さえること、クロ立証されなければ告発者にペナルティを課すこと。離席だの一致率だのは *証拠* ではありませんから、そういう難癖を後から付けるのは本来取り上げるにも値しない

    返信削除
  3. 通信機器を遮断しても、伝言や手指サインで指し手を伝達できてしまうから完全ではないですね。特に終盤は、対局室への出入りを厳密に管理する必要があると思います。立会人や記録係も含めて、対局室内を複数カメラで全部記録すると良いでしょう。

    返信削除
  4. 別件ですが、連盟のHP
    https://www.shogi.or.jp/game/result/201704.html
    をスマホで見てみてください、タイトル保持者の名前や写真など間違いだらけでひどいです
    他ページもnhk杯予選の結果がなかったり(スマホ用ページの更新忘れ?)間違いだらけで指摘しきれません
    一番の公式がこれではいけない
    担当者は気付いてないのでしょうか
    棋士の方たちからも修正するよう指摘してください

    返信削除
  5. いくら規制を厳しくしてもスポーツのドーピングに見られるように技術は日進月歩です。対局中は食事もトイレさえも衆人環視下においても第三者が関与したらどんな規制もすり抜けてしまう。
    結局はどの辺で手を打つかという落としどころを探ることになりますね。

    返信削除
  6. まずは「将棋の公式戦は自己の能力のみで勝負するものである。ソフトであれ棋書であれ他人の知恵であれ、自己以外の助けを一切借りてはならない。」みたいな、当たり前すぎる理念規定が必要なのでしょうね。

    返信削除