2017年1月9日月曜日

小さなチャンス

昨日、弟子から連絡があって

今期の三段リーグは、少しチャンスが

あるかもしれません。

まだ二期目ですが、正直言うと

今の将棋界の現状を伝えて

判断してもらう方がいいかなと

考えていました。

ただ、成績が良いとなると

躊躇してしまうというか

今期とりあえず残りを

頑張ってもらいたいなと

思うようになりました。

ただ、今の状況で

棋士になるのが幸せな事か?

そう思ってしまうのが

悲しい事です。


5 件のコメント:

  1. 四段と三段とでは天と地の差があります。

    返信削除
  2. 四段が天で、三段が地ですか?

    将棋連盟自体が、地の底に沈むかもしれないのに・・・

    返信削除
  3. 三田の小児科の先生が奨励会をおやめになったときに
    木村「四段になってからやめたらいいのに」
    行方「そういう問題じゃないでしょう」
    みたいなコメントが雑誌に載っていたのを思い出しました。敬称略。
    お若い方と大平さんのご多幸をお祈りします。

    返信削除
  4. 幸不幸は職業が決めるものではありません、きっと。

    返信削除
  5. >将棋連盟自体が、地の底に沈むかもしれないのに・・・

    その弟子のお方に

    将棋連盟は証拠ナシで三浦九段に極刑を課し、冤罪が確定してもろくな謝罪・対応ができないロクデナシの集団である。そして会員たる棋士達もだんまりを決めている時点で腐れ首脳部と同じ穴のムジナである。

    と、お伝えください。

    返信削除