2016年5月31日火曜日

はじまる

今日から

AKB総選挙の投票が始まります。

今回からメール会員にも投票権があり

票数がどうなるのか楽しみです。

上手いやり方だと思ったのは

メール会員は月に300円払うと

指定したメンバーからメールが届く

そういうサービスです。

自分はHKTだけ取っていましたが

選挙のために他も入りました。

やはりというか、取ると楽しくて

来月以降も継続しようと思います。

今日から投票開始で

明日は速報発表。

昨年は速報に入って喜んで

本番呼ばれず愕然でした。

今年はどうでしょうか?

本音を言えば、結果に関係なく

応援は続けて行くのですが

やはり入って歓喜する姿を見たい。

自分自身、投票するようになって

確か3回目。

初めてランクインしてもらいたい

そういう気持ちもあります。

約3週間、まずは速報。

どうなりますやら。

名人戦



第5局の封じ手の局面です。

直前の▲7四歩には驚きました。

玉の安定度は後手が上に思うので

決戦は後手からと思っていました。

△9七角成▲同金△7四飛が第一感。

さらに▲同飛△同歩に▲7三歩か▲8一飛か?

後手からの△8九飛もかなりの迫力なので

後手がこの順を選べば、一気に終盤です。

第一印象としては後手ペースかなと思います。

歴史が動く日となるのか

午前中から注目の日となりそうです。


2016年5月30日月曜日

名人戦第5局

横歩取りになりましたが

少し前の形になりました。

いろいろ試してみる感じで

挑戦者に余裕があるように

思いますがどうでしょうか?

比較的早い進行なので

午後から、明日はかなりスロー

が予想されます。

今の段階で思うのは

大差になりやすい形かなと。

これは自分の感覚なので

信用できないという方は

お近くの強い人に

聞いてみてください。

ダービーの日

昨日はダービーがありました。

外出がてら買いに行きました。

途中何レースかやりプラス。

いい感じで買って帰りましたが

結果は残念。

マカヒキ本命でサトノを評価したのも

間違っていなかったですが

対抗をリオンディーズにして

ハズレました。

才覚がありません。

それから、川口オートでは

佐藤摩耶選手が優勝。

益選手に続きグレード制覇。

女性の活躍が目立ちます。

それから、とりあえず帰宅して

内職やテレビなど。

だんだんと、寝苦しい暑さに

なってきました。

そろそろエアコンの出番でしょうか。

2016年5月29日日曜日

叡王戦

第2回が始まりました。

最初は九段戦からで

特に2局目は、中村ワールド満載の

将棋だったのではないかと思います。

さっき知りましたが

自分の対局は中継されるみたいで

ちょっぴり気が重いです。

以前は、強い相手に勝って

周囲を驚かせようと

企む事もありましたが

現状としては形になればいいな

くらいの感じです。

特に、早指しでの弱さが

年々顕著になっているので

2週間くらいしかないですが

少しは手が見える様に

調整していきたいと思います。

2016年5月28日土曜日

YAMADAチャレンジ杯

新しく出来た棋戦です。

五段以下の棋士とアマ1名参加。

昇段するのが

あと半年くらい遅ければ

参加出来たのですが

それは言っても仕方ない事です。

この棋戦のポイントは

20分の30秒という持ち時間。

1時間くらいで終わるので

見るにはもってこい。

完全生中継とかでも面白いかなと

個人的には思います。

先日、伊勢崎に伺った時も

話題になっていました。

群馬の企業ですからね。

決勝戦は公開イベントに

なるのでしょうか。

新人王戦とは違って

まあまあ年齢差もあるので

どんな結果になるか楽しみです。

2016年5月27日金曜日

名人戦

表面的な部分しか分からないですが

挑戦者の快勝だったのかと思います。

角も飛車も捨てての攻めが

キレイに決まった印象です。

大盤解説をした第2局。

終盤の詰みの部分が

大きく取り上げられますが

自分の印象としては

中盤からの差の付けられ方が

気になっていて

名人が防衛かなと思っていました。

しかし、流れなのでしょうか。

3、4局は挑戦者が完全に

ペースを掴んでいる感じです。

このまま一気にいくか

絶対王者が踏みとどまるか

次は意外とすぐあります。

自分は流れとか運命論が好きなので

一気に名人を奪取して

他の20代が続くのかなと

予想しています。

強い



昨日の女流王位戦から。

△75歩と取った局面ですが

ここで▲68飛が素晴らしい感触。

捌きと端攻めで有名な中田さんが

「全員集合!」

と名付けた手筋です。

このように盤面半分を捨てて

半分に戦力を集中させる。

見てのとおり、右辺にいるのは

後手の駒だらけ。

ここでほぼ体勢が決まったと思います。

個人的には決め方が危なかったかなと

思ってはいますが、勢いのある感じで

三段リーグの方もどうなるか楽しみです。

2016年5月26日木曜日

名人戦2日目



△32銀と引いた局面です。

従来からある形勢判断でいくと

1、玉の安定度

2、駒の損得

3、駒の働き方

4、手番

どの角度から見ても先手が勝っているような。

これはあくまでオオヒラレベルでの判断なので

実際は分からないですが

オオヒラ同士なら

先手が85%は勝つと思います。

先手がイヤな部分としては

千日手はつまらないのと、歩が突きにくい(5,6,7筋)

くらいで、後手の金銀が働くかどうかや

飛車が狭いことに比べれば

なんてことはないのかなと思います。

新名人誕生が、かなり現実的になったという

ことではないでしょうか。




2016年5月25日水曜日

名人戦第4局

今日から名人戦第4局ですね。

挑戦者が一気に追い込むのか?

矢倉か角換わりか?

など注目ではないでしょうか。

名人戦に棋聖戦と

20代の挑戦を受けて世代交代するのか?

というのも気になる所ではあります。

まずは明日の戦形に注目します。

2016年5月24日火曜日

2016年5月23日月曜日

距離感

またというか、残念な事件が
起こってしまいました。
会いに行けるとか
最近は距離感を縮めての
ファンサービスが増えている
そんな感じがします。
その闇の部分が今回の様な
悲惨な事件です。
良く言われる表現ですが
ほとんどのファンはちゃんとしている。
確かにそうなのかもしれませんが
やはり、こういう事件が起きると
残念に思います。
規模が違うとはいえ、イベントなどでは
将棋界も距離は近い方でしょう。
女性の棋士もかなり増えて
人気がある人も多いです。
悪い影響がなければいいなと思います。
最後になりますが
被害に遭われてしまった方が
助かってほしいと思います。

第2回へ

電王戦はポナンザの勝ち。△13同玉とか

普通に指していたら一生指せない手です。

それから、第2回の発表がありました。

なんとなく噂になっていた

羽生名人の参加も発表。

ファンの方の多くが

優勝を期待している感じがします。

ただ、早指しの棋戦でトーナメント。

まあまあ大変かなとも思います。

自分で言えば、第1回は西の王子で第2回は

東の王子のような相手。

まあ、ラッキーと思いましょう。


2016年5月22日日曜日

電王戦2日目

封じ手から先手が苦労している。

そんな感じです。

現在は△88歩から△66歩

と進んだ局面ですが

かなり先手が苦しい印象です。

ソフトに対して人間が勝てない。

一番は、圧倒的な読みの量や早さ

だと思いますが、それに加えて

ランダムというか

事前準備がしにくい点。

これは、現在多くの棋士が

対戦相手を調べて

データから作戦を絞る。

そういう戦い方が

序盤から何をしてくるか分からない

ソフト相手に戦うのに

厳しいのではないかと思います。

今まで作り上げてきた定跡が

違うとなって、新しい局面になる

そうなると、絶対的な

読みのスピードに量。

それが大事なのでしょうか。

今日の対局が終わると

何かの発表があるのかないのか?

今は、それを楽しみにしています。

2016年5月21日土曜日

電王戦

今日からの2日で
最初の電王戦が終わります。
今回は山崎さんが先手。
どんな戦形になるか?
最近、たまに将棋ウォーズをやると
ポナンザ2016というのがいて
強すぎてウケます。
最初当対戦した時は234連勝中。
と表示させていました。
しかし、数日後には12になっていて
あれに勝つ人がいるのか?と
世の中には凄い人がいるなと
感心していたのですが
先輩と話していて、
案外ソフトに負けているのでは?
と言われて、そうかと思いました。
たまには真面目に考えた事を
書きたいなと思いますが
長くなりそうなので
次の更新にします。
内容は自分が思う
ソフトが強い理由について。

2016年5月20日金曜日

あのボーカル

5月20日と言えば

自分が好きだったあのバンドの

ボーカルだった方の誕生日。

振り返ってみると

棋士になる前後3年くらい

自分なりに真面目にやっていた

そう思います。

真面目にと言っても

他の人から見たら、笑える感じ

かなとも思いますが

週に1.2回の草野球に仕事

ライブがあればライブへ。

雑誌やCDが出れば買い

テレビの観覧も当たれば行きました。

今と比べると生きているな

という感じがします。

そのボーカルの方は、いつだったか

突然いなくなりました。

その頃の自分は↘

という感じだったと思いますが

一気に⬇になった気もします。

前にも書いた気がしますが

ライブとか応援とか

自分の状態が悪いとつらい感じです。

今は、少しは↗傾向だと思うので

早く完全体となりたいですね。

お風呂でボケーっとしていたら

何となく昔を思い出しました。

2016年5月19日木曜日

プロ野球

ソフトバンクが例年通り強すぎて

野球から離れてきています。

日ハムファンとしては

2位になって札幌で勝って

福岡ドームに行く。

それが可能性がある一番のシナリオ

諦めが早いですかね?

個人の部分では

大谷翔平選手が打ちまくっているので

あわよくばのホームラン王。

中田選手と2人で争うとかなれば。

なんて思っています。

これを書いている今は

ソフトバンクと6回5-5です。

今日はどうなるでしょうか?

2016年5月18日水曜日

マイナビ杯



今日のマイナビ杯の気になった局面から。

ここで▲5八銀は、以前指されて有力とされた手。

最善かどうかは分からないのですが

自分の印象としては合理的な手で

勝率はまとまるかもしれないですが

これから強くなろうとする人には

あまり向かないのではないかと思います。

例えとして正しいかどうかは分かりませんが

ゴルフのパー5の第二打を刻む様な感じで

無理なら仕方ないですが、スコアのために

勝負しない感じでしょうか。

先日先輩と話していて「引き技」

という言葉をよく聞きました。

今は引き技を狙っている人が多いと。

全体的にまとまった感じの将棋が

これから増えていくのでしょうか。

と、ここまで最近ちょっと感じたことを

書いてみましたが

自分が書いていて説得力がないなと

思いました。残念・・・


最終ベルが鳴る公演

昨年の誕生日に

初めて劇場公演を博多で見ました。

遠方席という特別枠で公演の抽選に当り

長崎県での仕事終わりに博多に行く

という行動にしました。

元々、指原さんのファンになり

指原さんの移籍と共に

HKTを応援する様になりました。

今は、公演をDMMの配信で見るのを

日々の楽しみにしていて

昨日から1番好きな最終ベルが鳴るを

1番好きなチームKⅣがやるという

ファンにはたまらない感じです。

これからたまに劇場曲の

YouTubeをたまに上げていこう

と思います。

1番好きな曲は

「回遊魚のキャパシティ」

という曲。

劇場で初めて聞いた時に

かっこよさとコールの雰囲気に

震えた記憶があります。

それから、この公演ではないですが

「100メートルコンビニ」

という曲もオススメです。

じょしらく

じょしらく見て来ました。

じょしらくとは女子落語の事と

初めて知りました。

落語はほとんど知りませんが

最初の部分が、片山まさゆきさんの

麻雀マンガで見た話で

スッと入って行けました。

落語、歌、ダンス

思っていたより笑いが多くて

楽しく見れました。

終わってから感想戦をやって

たくさん情報をもらって

充実の1日でした。

帰ってきて、HKTチームKⅣの

「最終ベルが鳴る」公演を

DMM配信で見ています。

次回はその話を書きます。

2016年5月17日火曜日

しくじり先生を見て

昨日のしくじり先生。

東国原英夫さんとキンタローさんが

先生として登場。

自分にはかなりいい話でした。

東さんの話は

「追い風の時に人は転ぶ」

キンタローさんは

「良かれと思っても受ける人次第」

という話でした。

東さんの話に出てくるたけしさんの話。

これもかなり良かったです。

追い風に乗れるほど成功した事はなく

やりたい事が何かも分からないですが

自分に関係する事を

ポジティブに変換して行きたいな

と思いました。

昨日、たまたまTwitterの診断をしたら

「大平武洋のクズ度は4%」

と出ました。

限りなく100に近い数字が出る

そう思っていたので

何だか嬉しくてやる気が出ました。

今日は知り合いに誘って頂いて

「じょしらく」

という乃木坂の舞台を見に行きます。

これでやる気を加速させていきます。

三日坊主の自分は忘れて

取り組んでいきたいと思います。

ネットテレビ

最近CMでも流れていますが

アベマTVというネットテレビが

開局されました。

自分は麻雀の番組を見ていますが

社長自らドッププロを集めて

麻雀のリーグ戦をやっています。

麻雀の番組もいくつもあって

そのうち棋士が出る機会があるのかな

と勝手に期待しています。もちろん

将棋のチャンネルが出来れば

いいなと思いますが大変でしょうね。

地上波のテレビでは見た事がない

そういう番組も結構あって

これからは、そういう感じで

細分化されていくのでしょうか。

注目して見ていきたいと思います。

2016年5月16日月曜日

カップリング曲

HKT城今動く ←クリックで見れます

HKTの最新シングルのカップリング曲です。

個人的にはこちらのほうが好き。

2016年5月15日日曜日

番組の感想

人工知能についてのNHK番組を

見終わっての感想です。

人工知能の進歩について今後など

羽生名人がナビゲーターなので

見ていて面白い感じでしたが

気を使われたのか将棋には

あまり関係ない感じで

名人がやや遊び駒みたいな感じ?

かなと感じました。

また、アルファ碁の話題が多かったので

囲碁の先生がナビゲーターの方が

しっくりきたのかなと思います。

番組を見ながら色々思い返したりして

昨年、名人が棋士にと連れてきて頂いた

プログラマーの方のお話が

着々と実現している感じで

当時は物を認識する能力は

得意な物は人間より優れているが

複雑な物は全くという話でした。

今は、かなりの精度でしょうね。

他にも、暴走しないか?

という棋士の質問に楽観的に

捉えているというお答えだったのですが

番組でもやっていた様に

かなり対策されている感じで

作る側に悪意がなければ

いい物が出来上がる。

という事なのかなと思います。

パソコンや携帯電話の様に

どう向かい合うかが

今後の課題なのかなと思いました。

人工知能は

今日NHKで人工知能の特集があります。

母がメールして来るくらいなので

注目度というか

やはり、ナビゲーターがすごい。

という事でしょうか 。

これが発表されてから

ついに実現か?とか

何があるのだろう?

と明言を避けた羽生名人と

人工知能の勝負に

ツイッターを見ていると

注目している人が多い感じがします。

先日対局した時に

さりげなく何人かに聞いてみましたが

この件を知っている人は

いませんでした。

叡王戦にエントリーか

いきなり囲碁の様に勝負か

肩透かしとしては、チェスの勝負か

番組終了まで待ちたいと思います。

品良く

親が銀河戦の解説していたのを

まとめて録画してくれていました。

せっかくなので見ると

とりあえずという言葉を

頻繁に使っていて、何と言うか

あまり品の良くない感じがします。

練習する機会というのは

なかなか無いので

日頃から品のいい喋り方を

心掛けたいと思います。

2016年5月14日土曜日

名人戦第3局

挑戦者が押しきりました。

2日目に入って少し難しくなった

そんな感じがしましたが

最後は飛車切りから綺麗な着地。

将棋に流れがあるかは

分からないですが

第2局から持って来た感じがします。

次は挑戦者が先手。

角換わりか矢倉かまたはその他か。

どれになるにしても

挑戦者が勝つ様なら新名人が

かなりの確率になる感じでしょうか。

もうすぐ始まる棋聖戦も20代の挑戦者。

40代の絶対王者がまだ立ちはだかるか?

その辺に注目です。

2016年5月13日金曜日

挑戦者ペース?



第3局の2日目夕食休憩の局面です。

金銀の両取りですが

完全に後手ペースに思います。

個人的には、自分が後手でも

ここからならチャンス?と思う感じで

この2人なら逆転はないのかなと思います。

いかにも後手が一手勝ちしそう。

具体的な手順が示せないのが弱い所ですが

先手の角と桂馬を攻めながら消しておいて

△6二玉が決め手になる展開を

予想しておきます。

報道

自分が初めて投票したのは

都知事選の舛添さんでした。

SMAPの森さんが

オートレースデビュー戦の日でしたが

それに行かずに投票に行って

先輩に、不思議な奴だと言われたのを

何となく覚えています。

当時は、候補者の方々の話を聞いていて

一番いいなと思いました。

結果は石原慎太郎さんに負けましたが

選挙ってそういうものなんだと

思った記憶があります。

10年以上が経過して

連日都知事についての報道があり

残念というか、見る目がなかったのか?

がっかりする感じがあります。

辞任して欲しいとは思いませんが

聞いていて残念な説明は

しないで欲しいなとは思います。

2016年5月12日木曜日

名人戦第3局



図が封じ手の局面です。

挑戦者が△5四飛と回ったところ。

ぱっと見た感じですが、先手が辛そう。

という感じがします。

なんとなくですが、後手の駒の方が

働いている感じですし、桂馬が活躍しそう。

先手はどうすれば勝ちになるかのイメージが

全く分かりません。

前局の逆転から一気に持ってこれるかどうか?

結構大きな第3局ではないかと

勝手に思っています。

振り返り



昨日の将棋から。自分は先手です。

角交換四間飛車になって、いつものように

序盤が全くで

作戦負けかやや不利になりました。

図は▲7六銀打となんとなく補強した手に

△3三歩と角取りに打った局面です。

正直なところ、▲7六銀と打つところで

かなり形勢を悲観していて

負けだなと思っていました。

仕方なくというか形作りの感じで銀を打ち

実戦は図から▲2三角成と角損の突っ込み。

1手差になればいいなくらいの気持ちで

指していると、相手が長考。

感想戦でも、他の棋士にも

あきらめるような局面ではない。

と言われました。

実戦はその後に、辛抱すれば大変かも?

という局面があったみたいですが

自分は勝負の順を選び、明快な一手負け。

センスや感覚が悪い事に加えて

もっと気持ちを強く持たないと

いけないみたいです。


2016年5月11日水曜日

再スタートへ

対局の今日ですが

39才の誕生日です。

奨励会に入ってから

誕生日に対局というのは

まあまあある感じです。

ただ、あまり勝ったイメージはなく

今年はどうなるでしょうか?

確か昨年はホークスタウンで

HKTの公演を見ていました。

一昨年より前は記憶にないです。

30代も、後1年。

40になった時に再スタートを

いい感じで切りたいと思っています。

そのためにも、この1年は

準備の期間にしたいと思います。

今までは、行き当たりばったりで

来たので、そろそろ計画的な

人間になれればいいなと思います。



2016年5月10日火曜日

対局

明日は久しぶりの対局。

振り返るなかなか当たらない

上位者との対局なので

楽しみにしていました。

千駄ヶ谷に行くのも

久しぶりな感じがします。

あとは、内容がまともになれば

ですね。

2016年5月9日月曜日

マイナビ杯第3局

マイナビ杯見て頂いた方

ありがとうございます。

このシリーズに共通しますが

挑戦者の序盤戦が際立つ感じ

そんな印象です。

公式のページでは止めましたが

途中、凄まじい辛抱の手を

(普段は土下座と言っている)

女王が指した時に

一気に差が開いたと思いましたが

時間がなくなると同時くらいに

一気に逆転模様に。挑戦者には

第1局同様、かなり痛い敗戦

だと思います。

YouTubeを見ながらでしたが

将棋連盟公式ページは

講座もたくさんあり、かなり

見応えがあると思います。

良かったら登録して見て下さい。

2016年5月8日日曜日

youtube

明日のマイナビ杯はこちらでも。

日本将棋連盟チャンネル ←クリックしていただくと見れます

こういう放送が増えていくといいですね。


Tシャツ

部屋を大掃除していたら

昔のTシャツやタオルが

大量に出てきました。

ツアーグッズと言えば

写真やトレカを集める方も

多いと思いますが

自分は、タオルやTシャツを

買うことが多かったです。

特に夏。ハンカチくらいでは

自分の様な汗かきは足らないので

タオルは重宝しています。

とりあえず5年は大丈夫くらいの

数があり、昔の投資が生きました。

たまには、掃除をするものですね。

2016年5月7日土曜日

今度の月曜日

今日が平日か休日かも分からなく

なってきました。

新しい仕事に取り組んでいるものの

自分のダメな部分である

目標が定まらずにふわふわと

取り組んでしまっています。

何か集中して取り組むものを

見つけないといけません。

来週の話ですが

マイナビ杯のネット解説をします。

12時かららしいので

お勤めの方は仕事が終わる頃に

勝負所が来るのではないでしょうか。

初のYouTubeでの映像は

どんな感じになるでしょうか?

自分はおそらくそれを見ながら

キーボードを叩いていると思います。

5月9日の12時頃からですので

YouTubeとTwitterの二刀流で

宜しくお願いします。

2016年5月6日金曜日

詰め将棋みたいな?

グッドパートナーというドラマを
今回は欠かさずに見ています。
竹ノ内豊さんが
「詰め将棋みたいに逃げ道を・・・」
と言いだすシーンがあって
昨日はかなり詰め将棋という
ワードが出てきました。
全然出来ないという設定が
かなり残念でしたが
将棋関係が出ると嬉しくなります。
そのドラマの中で
竹ノ内さんの娘役の方が
小学生という設定ですが
あまりに可愛いので調べました。
堀北真希さんの後輩で高校生。
納得しました。

2016年5月5日木曜日

棋士は爬虫類?

ほんまでっかTVを見ていたら

脳科学の専門家が

「棋士は普通は使わない部分が~」

と解説をしていて

良く聞いてみると爬虫類と

同じ部分が活発に働くとか。

棋士は理論的に考えるのではなく

手が浮かび上がってくる。

という話でした。

一流棋士はという事だったので

自分は当てはまらないですが

浮かび上がるという感じは

体験したことがない気がします。

MRIの実験に何回か参加しましたが

言われたのは

積み重ねた物が大きくて

反射的に手を思い付くのでは?

という事でした。他にも

見えた物に対して反応するか

見えない次を予測して動くか

みたいな話もあって

面白い回でした。

2016年5月4日水曜日

気になる局面



数日前に中継されていた対局の局面です。

もう10年位前でしょうか

自分も順位戦で先手を持っていて

▲55角と出ない手を選びました。

その時の対戦相手に感想戦で

「角で少し苦しそうだけど、出てこないと思った」

と言われました。

それからほとんど見ていない局面ですが

やはり先手がいいのでしょうか?

ただ、中継の将棋は結構難しそうでした。

この将棋を指す事があるか分からないですが

気になる局面です。


アンケート

毎年やっている将棋年鑑の

アンケートが来ていました。

今は、ネットで提出できるので

やりやすいです。

20くらいの問いがあって

詳細はご購入頂いた方の

楽しみという事にしますが

好きな棋士は?

という質問は斬新です。

何と言うか答えにくいですよね。

それから、将棋世界が届いて

棋士が選ぶ昨年の名局が発表。

自分が一押しにした

糸谷ー稲葉戦は4位。当たり前ですが

皆さん良く見ていて

自分は圏外かなと思いながら

投票しましたが、杞憂でした。

大変かもしれないですが

今は中継も多いですし

月毎に投票があっても面白い。

そう思いました。



2016年5月3日火曜日

バドミントン

バドミントンの決勝で、出場決定ペアが

負ければ日本が2組出れたけど

勝ったために1組だった。

という記事をツイッターで見ました。

記者の方の「なぜ負けない?」

という質問は残念に思いますが

こういう状況の時にどう考えるか?

これは難しい問題だと思います。

哲学というと大袈裟ですが

考え方は人それぞれ。

イヤだけど、ベストを尽くして戦う。

という人が多いでしょう。

負けた方が後々戦いやすいから

連れていくメンバーを選ぶ。

という選択をするのも

プロとしてアリだと思います。

こういう状況になると

うちの業界では有名な話があります。

個人的にこの話がキライで

例えとかで出てくると

またかと思ってしまいます。

勝ったペアの方は、メダルを取るために

勝ち続けていきたい。

というコメントをしていました。

素敵なコメントで

勝ち続けて欲しいなと思います。

2016年5月2日月曜日

しくじり先生

最初は深夜番組だったと思いますが

ゲスト講師が失敗談を語る。

それを教科書にしよう。

そんな感じの番組です。

多くのゲストがいますが

自分がすごいなと思うのは

オリエンタルラジオの中田さん。

ご自身の失敗談も面白いですが

偉人について分析したり

その資料を自分で作る。

番組を作る側としたら

ありがたい存在に感じるでしょう。

これからは、ある程度は自分でやる。

そうするべきと思う様になりました。

今日はマルクスについて

中田さんは語っています。

録画してあるので、見るのが楽しみ。

聞く耳

昨日の将棋教室では

有段者のクラス担当。

まず生徒同士の対局を見て

その対局についてアドバイス。

三段くらいの中学生が

何を言っても受け入れない。

キライではないタイプですが

聞いてみて判断する様になったら

さらに良くなるかなと思います。

自分も、10代の頃から

そう出来ていればなと思いますが

若い時は難しいですね。

2016年5月1日日曜日

将棋教室

今日は午後から将棋教室に。

初の場所ですが有段者の部

という事で強い人が多く

個人的には初段くらいの人を

四段くらいまで引き上げるのが

一番好きでやりやすいです。

かなり暑く汗だくですが

いい運動と思って行きます。