2016年4月30日土曜日

サイレントマジョリティー

https://www.youtube.com/watch?v=DeGkiItB9d8

最近の曲の中で一番ハマっています。

AKBグループのデビュー曲としては一番の売れ行きとか。

センターは平手さん。メンバーに名人と呼ばれる人も居て

ちょっと将棋に関係ある感じもあります。

今後注目ですね。



ふて寝

ゴールデンウィーク初日から

不甲斐なくふて寝しています。

自業自得、踏んだり蹴ったり

何でこんな事に・・・

自分を少し見直さないといけません。

話は変わり、今年はダメと諦めていた

日ハムが巻き返しています。

大谷投手は苦戦中ですが

大谷打者は上向き。

ソフトバンクは強いですが

何とか勝負して欲しいと思います。




2016年4月29日金曜日

棋聖戦

永瀬六段が挑戦者になりました。

棋聖相手に3戦3勝。

成績だけ見ると奪取?

という感じもあります。

ただ、ある先生が言っていましたが

最初は様子見なのか連勝だったのが

ある時から、全く勝てなくなった。

今回はそれに当てはまるのか

それとも、絶対王者の天敵になるか?

興味深いシリーズになると思います。

西鉄ホール

HKT48劇場が西鉄ホールに移転。

昨日はその初日でした。

地理が良く分からないですが

博多の中心部みたいですね。

地方に住みたい願望があって

博多に住みたい気持ちもありますが

既に何人か先輩がいるので

現実的にはないでしょうか。

吉本の芸人さんが

各都道府県に住むという事を

やっていた気がしますが

棋士も人が足りないでしょうが

散らばっている方がいいと

今でも思っています。

今さら反省しても遅いですが

新潟県に住んだ時

もう少し準備と計画をしておけば

もう少しまともな人生になったかな?

とたまに思う事があります。

ただ、待ったも出来ないですし

次にチャンスがあれば

生かせる様にと思います。

明日からゴールデンウィークですが

新しく頂いた仕事を引きこもりながら

片付けたいと思います。

2016年4月28日木曜日

マイナビ杯第2局

マイナビ杯は

挑戦者の完勝に見えました。

矢倉さんが得意だから「矢倉中飛車」

と呼ばれる作戦で

かなりパワフルな指し方です。

2局見た感じだけですが

だいぶ挑戦者が押している印象です。

最終盤で、勝ちが何通りもある場合

どういう勝ち方を選ぶかは

性格というか、個人差が大きく出ます。

△68銀成という手を選んだ挑戦者は

かなり斬新な感じがします。自分なら

△51歩の塩対応を選んだと思います。

名人戦同様、挑戦者が追い付く流れで

シリーズから目が離せないですね。

2016年4月27日水曜日

マイナビ杯

昼休みくらいまで見ていましたが

マイナビ杯はまたも室谷さんが

ペースを掴んでいる感じです。今回は

終盤で上手く着地できるでしょうか?

2016年4月26日火曜日

自分なりの総括



図は、先日の名人戦の局面の一部。

詰将棋として考えると19手詰みで

1分将棋だったとはいえ、名人なら詰ます可能性が

高いのではと思いました。

その理由としては意外と変化が少ない事。

初手から▲21銀△同玉▲43角成△同金までは

ほぼ絶対手。そこで32に金か銀かの二択。

しかも平凡に追うと1枚足りないので▲24桂の筋

というのも絶対。

これはオオヒラレベルでもすぐに分かる事。

結局は▲31銀~▲32桂成が見えるかどうか?

実戦は1分将棋の上に、自玉に受けがありそうな事が

方針の決断を迷わせてしまったのではないかと思います。

良く言われることですが、勝ちが1通りなら結構逃さないが

2つ以上あると危ない。結果論ですが

自玉が必至なら詰ました可能性が高いのではないかと

勝手に想像しています。

自分なりに名人戦を考えてみました。


2016年4月25日月曜日

YouTube

マイナビ杯がYouTubeで放映。

という記事を見ました。

たまたま第3局はネット解説なので

YouTubeを見ながらという事に

なるのでしょうか?

需要があるかは分からないですが

解説も、YouTubeというのはどうか?

印象としては、字よりも映像の方が

伝わりやすいのかなと思います。

ただ、自分なんかは

映像に耐えられない見た目なので

ツイッター向きでしょうか。

このサービスが継続拡大する様に

頑張りたいですね。

2016年4月24日日曜日

ワイドなショー

群馬県から帰ってきて

ワイドなショーを見ています。

驚いたのは、井山さんの七冠が

取り上げられていて

竹俣さんだけでなく

司会の東野さんやスピードワゴンの

小沢さんも、囲碁将棋の話を

結構されていました。

羽生名人は勝負所で手が震える。

というエピソードもありました。

昨日は携帯中継を見ながら

解説していました。

最後△77桂成の局面で

羽生名人の手が震えた。

とコメントがありました。

何か常套句の様になっている

そんな感じがしますが

負けてしまう事もあるのだなと

なんだか不思議な気分になりました。

親子教室

今日は午前は親子、午後は大人

将棋教室をやってきました。

子供の指導対局を横で親が見ている。

ありそうで、ない教室でした。

多面指しになると、集中力が切れやすく

そういう時にビシッと注意してくれ

助かる感じです。

将来的にこういう教室が増えると

いいと思います。

名人戦

昨日の名人戦イベント。

20時までの予定でしたが

熱戦により延長。

会場の使用時間ギリギリでした。

中盤まで解説とは思えない

予想の当たらない将棋でしたが

△63桂馬と跳ねた辺りから

逆に当たり過ぎて震えました。

印象に残っているのは

△26金と馬取りに打った手。

自分ならと解説していて

名人が指したと聞いて

自分の本命を指す様では

大丈夫でしょうか?

と話していていました。

結末は意外な物でしたが

名人戦でもこういう事がある。

タイになって、シリーズは

おもしろくなりそうですね。

2016年4月23日土曜日

名人戦イベント

今日から群馬県伊勢崎市に行きます。

伊勢崎の100人支部にて

名人戦イベントがあります。

3つも候補をだして予想を外す

スタートから解説失格ですが

今日は何とかしたいですね。

封じ手の局面は

なんとなく後手ペースに思います。

先日も書きましたが

今回の全国イベントで

募金をお願いするという事です。

頂いた募金は将棋連盟の熊本支部へ

送られるとの事です。

参加される方は宜しくお願いします。

2016年4月22日金曜日

名人戦

今日から名人戦第2局。

全国一斉イベントが行われます。

注目は後手羽生名人の作戦。

角換わりを受けて立つか

相手の得意な横歩で往復ビンタ

王将戦でも指した振り飛車穴熊

確率の高そうな順に書きました。

予想としてはこんな感じです。

誕生日に

昨年の誕生日は博多で

「最終ベルが鳴る公演」

を見ていました。

HKT劇場は移転するので

最初で最後です。

そして今年の誕生日は

対局になりました。

棋王戦であのカリスマとです。

これは喜ぶべき事なのかどうか?

前向きに、こんなにいい誕生日はない。

そう思います。

30代最後の年は華やかなスタート。

あまり興味はないと思いますが

誕生日は5月11日です。

2016年4月21日木曜日

思っていたより

昨日、テレビで運についてやっていて

おみくじの約33%が凶に関係。

と言っていました。

思っていたより高い数字で

自分が大凶を3連続で引いたのも

そこまで大したことないのかも

と勝手に思い込むことにしました。

そして、自分は運がいいと思う方が

いい結果を出しやすいみたいです。

ポジティブに行きましょう。

七冠達成

囲碁界では井山さんが七冠になりました。

ニコ生で途中から見ていました。

意外と将棋と結びつけた質問とか多くて

両方見ているかたとか多いのかなと思いました。

見ていて驚いたのは、解説の高尾さんが

囲碁棋士の全盛期に関する質問に

自分は30くらいで今はその頃より弱くなった。

と断言したことでした。

真意かどうかは分かりませんが

一線級の活躍をされている方の発言としては

珍しい感じでした。

将棋は短期間で七冠は終わりましたが

囲碁の方はどうなるでしょうか?

勝ち方からすると結構続くのかな?

と素人判断してしまいます。

囲碁や将棋の話題が多いのはいいことだと

思うので、今後も続いて欲しいなと思います。

2016年4月20日水曜日

名人戦イベントにて

今週末に名人戦の全国一斉イベント

が行われます。

イベント中、今回の地震に対しての

募金活動を行うとの事です。

自分は群馬県伊勢崎市に行きます。

イベントに参加される方は

是非宜しくお願いします。

2016年4月19日火曜日

今日の中継から

今日の中継の1局面。



あまりいい思い出のない局面ですが

ここで▲19角と打ちました。

自分が指したときは▲28角と▲19角の差が

分からなかったので△75歩をやめましたが

△75歩で後手も十分戦えそうです。

他にも図から▲25桂という手がありますが

それには△37角でまずまずかなと

勝手に思い込んでいます。

下火になっている形ですが、まだまだ可能性はありそう。

今日の展開に注目したいと思います。


追記

一応、公式戦の対局延期は

忌引の場合(一親等と師匠)と

移動困難や不可抗力など

理事会が認めた場合があります。

それ以外は病気も事故も

自己責任でという事で

一度対局通知を受け取ると

上の様な事がないと変更出来ません。

不戦敗はなくしたい

銀河戦の不戦敗が発表されました。

インフルエンザは仕方ないと思いますし

近いうちに、規定が見直しされる

そういう話もあります。

ただ、今回に限らず、個人的には

対局は延期に出来ないか?

と思っています。

もちろん、原因を作った側には

ペナルティがあるべきと思いますが

不戦敗で終わらせないで

延期される側にもメリットを与えて

次の機会があるべきかなと思います。

対局だけはなるべくやる方が

いいかなと思います。他にも

不戦敗が確定するまで連絡しないとか

ちょっと気持ち悪い制度で

改良されないかなと思っています。

なかなかカチッとした制度が出来ない

それはうちの団体の特徴ですが

今回はどうなるでしょう。

2016年4月18日月曜日

雑記

今ちょこちょこと、初心者向けの図面や定跡などを

ツイッターに載せていますが

今までに覚えた定跡や手筋は見直す必要があるかな?

と、思ったりもします。

今までは損と思っていた指し方をしても

そんなに負けるわけではないと分かってきた面もありますし

特に、少し無理でも攻めたほうがいいというのは

はっきりしてきたのかなというのが

最近自分が感じていることです。



この局面。以前は△45歩と指すのは後手が良くない。

と言われていました。しかし今では△45歩が主流です。

少し見方を変えると、▲46銀という手は

後手が△64角と備えている面からして

やや強引な手にも思えます。

ざっくり言えば図の局面はいい勝負で

終盤の指し手で勝敗は決まるでしょう。

やはり、終盤でいかに正解を指せるか。

将棋の強さはここなのかなと思います。

ソフトの台頭で、今までの価値観は

通用しない面も出てきています。

新たな感覚を掴むか読みの精度を上げるのが

今後の課題かなと思います。

もちろん、両方できれば一番だと思います。

2016年4月17日日曜日

初めて

HKTのCDを買いました。

いつもは曲をダウンロードするだけですが

今回は、好きなメンバーの対談が

特典映像にあるということで買うことにしました。

その対談内容が良すぎて

買ってよかったなと思います。

もう一つの特典映像のサバイバルゲーム。

これも面白そうでした。

体力面は別として、頭を使いそうなゲームで

うちの団体の人向けかなと思います。




2016年4月16日土曜日

新棋戦

女流棋戦を行って頂いている
ヤマダ電機が男性棋戦を設立。
昨年、出来るかも?という話を
聞いていたのですが
参加資格は五段以下。
自分は当時五段だったので
そういう話をしてくれた?
詳細は分からないですが
新しく棋戦が出来るのは
棋士にはありがたい話です。
加古川の様に定着を期待したいです。

反省



先日の将棋。自分は後手。

後手なので△52金左という手を指していない

これを生かさないといけません。

ここでは△62飛が有力。実戦は△45歩。

先手の▲98香にそこでも△62飛が有力でした。

△62飛は狙い筋として分かっていましたが

牽制球というか変化球な感じがして

実戦は△85桂としましたが、良くなかったです。

自分の指し方が良くなくて本局はダメでしたが

藤井システムは、今指しても面白い作戦だと思います。

2016年4月15日金曜日

表彰

将棋大賞と昇段者の表彰に

行ってきました。

名人、竜王、名人挑戦者。

ほぼこの3人で独占でした。

今日知った事としては

名局賞は、負けた人ももらう

という事で、ちょっと不思議な

感じがしましたが

そういう物かと見ていました。

それから、先月飲んだ時に

「将棋の歴史に1ページ刻めた」

と、一つの形を確立させた事を

自分の一番と言っていた先輩が

升田賞を貰っていて

良かったなと思います。他にも

長年の功績を表彰される棋士が

奨励会をやめてスポンサー側に

就職した弟子に表彰される場面。

関西の方々なので

面白い感じの雰囲気でした。

頑張った人が行ける場所なので

もう一度行ける様にと思います。

昨日の続き

都市センターホテルの昼休み。

出前はないし(元々頼まないですが)

ホテルのレストランは激混み。

とりあえず外を探しましたが

さすが都心というか

松屋でも20人位並んでいて

結局、少し歩いてドトールに。

中でも、ラーメン屋の「つじ田」

というお店は、人気店なのか

人が溢れていました。

残念ながら、もう対局の機会は

ないと思います。

高いかなと止めた和食屋さん

行っておけば良かった。

免状授与式

今日は免状授与式に行きます。

現役としては最後の感じもあるので

雰囲気を味わえればと思います。

前回は10年位前でしたか?

同時の記憶はゼロ。

凄い方が多いので

粗相の無いようにと思います。

昨日

昨日の朝、対局場のホテルに
向かう途中、道を挟んだ向こうに
うちのレジェンドが見えました。
明らかに自分と逆方向に歩いていて
一応調べたのに、何故か追いました。
レジェンドは勘違いしていて
辺りを見渡すと、何事もなかった
みたいに、道を戻りました。
結果、自分は5分のロスをして
自分を信じられなかったです。
関係はないですが、レジェンドの昨日
あまりに凄すぎて、震えました。
負けた人が納得出来る感じかなと
勝手な分析をしています。
話は変わり、井山さんの七冠は
次回に持ち越しみたいですね。
20数連勝の後に18連勝していた。
こちらも、形容する言葉が
分からないですね。

2016年4月14日木曜日

地震

熊本で震度7の地震。
天災は仕方ない面もありますが
原発再開という空気の中
大丈夫だろうか?という感じです。
今の所は、大惨事にはならなそうな
印象ですが、余震が続いている
みたいなので、耐えて
大惨事にはならない欲しいです。



完敗

完敗でした。

四間飛車をやりましたが

選択の局面でダメな手を選ぶ。

形を作らせて頂いた感じでした。

2016年4月13日水曜日

明日対局

明日は今期初対局。

約一ヶ月ぶりですが

少しでもまともな

内容になればと思います。



三段リーグ

三段リーグの表が出来ていました。

初めて、弟子が三段リーグに参加。

棋士になる可能性が出来たと思うと

何と言うか、気になります。

表を見たら、里見さんと天才少年に

挟まれていて、初戦も里見さんと。

一期抜け出来れば一番ですが

勝ち越し出来るかどうかが

とりあえずの基準かなと思います。

自分は三段リーグは11期。

ラッキーで上がれましたが

振り返ると、イヤな思い出ばかり。

将来を見据えて、実力を伸ばす

そういう意識で挑むべきと

思いますが、現実は

リーグを勝ち抜くための戦略で

戦う人が多いと思うので

良くも悪くも、まとまってしまう。

そんな感じです。

制度の影響とは言い切れないですが

スターが本当に出ないなと思います。

今回は久しぶりに13才が挑戦。

一期抜けを期待したいです。

2016年4月12日火曜日

今日

マイナビ杯は、途中から

先手が圧倒かなと思いましたが

最後に波乱が。

挑戦者としては痛い感じです。

棋王戦は中飛車で藤井さんが勝ち。

対局日が楽しみです。

さっきテレビで森下さんが

親子でさんま御殿に出ていて

息子さんの爽やかさに感動。

やはり俳優さんですね。

見た感じ



今見たマイナビ杯の局面。

なんとなくですが、居飛車が上手く指している感じで

今後の焦点は、65の桂馬だと思います。

簡単には取られないと思うので

先手はどうするのでしょうか?




楽しみ

今日からマイナビ杯ですね。

今は百花繚乱というか

奨励会三段でも

簡単には勝てない時代。

正直、どちらが勝つのか?

全くわかりません。

それから、中継される棋王戦。

勝った方と次に指します。

奨励界の幹事だった先生と

振り飛車党の神。

出来るなら神と戦いたい。

勝手に思っています。

銀河戦なら勝てる。

と思い込んで惨敗した10数年前。

あの頃より全てにおいて

ダメになっているでしょうけど

自分がどんなものか?

量りたいなと思います。

今日は、そんな思いを持ちながら

中継を見ています。

2016年4月11日月曜日

初勝利

昨日、話題の藤田さんが初勝利。
今週も、JRA以外に金沢や船橋と
休む間の無さそうな活躍ですね。
浦和で初勝利してから30レース弱
勝てなかったみたいで
もう勝てないと思う事もあった。
というのは、心境として
なんとなく分かる様な気がします。
勝ち負けも大事でしょうが
何と言っても、入場者や売り上げが
伸びているのが、凄い。
昨日先輩と話した時にも出ましたが
この馬でこの人気?
という事が、藤田さんにはあります。
ボートレースも、オール女子戦は
売り上げがいいとか。
将棋界もそういう傾向ですし
これからはそういう方向性が
必要なのでしょうね。
老兵はただ消え去ると言いますが
中年はどうしたらいいでしょうか?

差は?

前回に続く事ですが

棋士が集まると

「将棋の神様には何落ち?」

という話が出る事があります。

どこまで本音を言っているかは

分からない部分はありますが

多いのは、角落ちと飛車落ちで

自信家は角という感じです。

そう考えると、トップクラスは

角で自分くらいだと飛車?

いくら自分でも、二枚落ちなら

まず負けないと思うので

飛車落ちでしっかり勝てるか?

これも机上の話になりますね。

因みにですが、囲碁は4子なら。

というプロの方が多かった様な?

角落ちも、棋士の知恵を集めれば

下手楽勝定跡とか出来るかも

しれないですし

それが必要となる事があるか?

どうなのでしょう。

ふと思う事

研修会のあと軽くお茶をして

先輩と電王戦の話など。

囲碁では、韓国が威信を掛けて

大金を投じるとか。

正直、規模が違い過ぎます。

五番勝負の後くらいに

大きな資本が入ると違う

という話をしていて

Googleが将棋にも同じくらい

力を入れたら、羽生さんが

角落ちで勝てない。

とかなりませんかね?

と、軽い感じで言ってみたら

怒る人3割、さすがに勝つ5割

あり得るよね2割。

その場の反応はそんな感じでした。

これは実現しないでしょうから

印象という感じです。

2016年4月10日日曜日

研修会終わる

強い子が多く

1-3で終わりました。

終盤でチャンスかな

という局面で、スッと正解。

若さの特権ですね。

終わってから先輩と電王戦を

見ていますが

かなり厳しいというか

封じ手からリードを拡大された

そんな感じですね。

今見ている局面は

人間同士ならイヤな所もありそう

に見えますがダメなんでしょう。

研修会

今日は研修会に行ってきます。

半年前くらいに行った時には

今日は四連勝かも?

と最終局に挑むも

消費時間3分の少年に完敗。

「先生より早く指したかった」

というコメントまで頂いて

嬉しく?なった以来です。

勝ち負けも大事ですが

早く指されると早くしなきゃ。

と思ってしまうのが

自分の悪い癖ですね。

なかなか真剣勝負の駒落ちを

1対1で指す事はないので

貴重な機会を楽しんできます。

2016年4月9日土曜日

封じ手の局面



ポナンザが▲65桂と跳ねた局面です。

△同飛には▲22歩で手になるということでしょうか。

パッと見はコメントにもあるように△3一角。

しかし、先手から▲85飛という筋があって

簡単には受け切れる感じではないかなと思います。

ただ、後手にも△22飛という受けもあって

チャンスはありそうに思います。

後手が勝つとしたら攻め合いというよりも

△28歩のような手が間に合うように

先手の攻めを受け止める感じだと思います。

接戦というよりは、差が付いて決着という事に

なるのではないでしょうか。

横歩取り

電王戦が始まりました。

横歩取りになりました。

最近の流行りもありますが

ソフト相手には横歩。

これは、研究していると

そうなる感じみたいですね。

今回は、角を打たせました。

これで、ポナンザ側から

上手い攻めがなければ

指しやすくなると思いますが

どうなるでしょうか?

2日制

電王戦は2日制。

対局した事はなく

記録をやったくらいですが

とにかく長いです。

最近は初日から勝負所になる

そういう対局もありますが

自分が記録の頃は

矢倉の定跡の途中で封じ手とか

そういう感じでした。

タイトル戦に出ると強くなる

そういう話もありますが

1から考えてみるのが

いいという事でしょうか。

ともかく、開始まであと少し。

開幕を待ちたいと思います。

2016年4月8日金曜日

電王戦

すっかり忘れていましたが

そろそろ電王戦ですね。

確か、第1回の頃に

勝ったら100万円企画の

解説役を2日やらせて頂いて

将棋が強くなるとどんな感じか?

ソフトに期待している。

と言って、先輩に怒られて。

そんな思い出がありますが

今回は、囲碁の衝撃があってから

そんなに時間が経っていないので

注目されるのかなと思います。

今回の叡王は、ファンタスティック

というか、芸術点が将棋にあったら

棋士の中でも確実にトップ3には

入る人です。

対極な感じで、見ていて楽しそう。

2日制というのもどうなるか?

解説者もかなり充実していて

イベントとして楽しいでしょう。

自分も、見て楽しみたいと思います。

まとまらない話

HKTのおでかけ。という番組で

選抜に選ばれなかったメンバーに

今の心境を聞いていて

メンバーがそれを素直に話す。

すごくいいなと思いました。

少し違うかもしれないですが

対局に負けた棋士に

その内容を聞くのは

なんとなくやめておく。

自分が棋士になる頃は

そんな感じでした。

しかし、今は結構普通に

その日のうちでも大丈夫。

先輩には厳しいかもですが

同世代くらいならそんな感じです。

気を使わないでいい感じというか

変に壁を作らない感じでしょうか。

自分としては、今の感じが好きです。

何かまとまらない感じなので

最後にあるあるを書くと

ちょっと差を付けられた

負けた対局について

「この間惜しかったですね?」

と言うと、びっくりするくらい

ツッコミが返ってきます。

不思議です。

2016年4月7日木曜日

振り返り



昨日の名人戦で一番だと思った局面。

この局面は駒得が大きく、先手が少し優勢

かなとおもいますが、後手は遊び駒がなく

油断ならない局面だと思います。

ここで、じっと▲58金と上がったのが

王者の貫禄というか、さすがの一手。

以下は難しいのかもしれませんが

先手が一手勝てそうな感じだと思います。

▲58金みたいな手は

緩手と紙一重な感じで、怖い面もあります。

自分は、こういう手を自信を持って指せる時は

自分の調子がいいという目安にしています。

初日の感じでは、後手が良さそうと思いましたが

それが錯覚だったのかなと今では思います。


2016年4月6日水曜日

名人の先勝

名人戦は名人の先勝。

封じ手の局面は

とても先手でやれるとは

思えない感じでしたが

終わって見れば、普通に勝った。

そんな感じでした。

自分の見立てが検討違い。

よくある事だったのかも。

次の2局目はイベントが

全国で行われます。

自分も参加予定です。

興味のある方は

連盟のホームページで

お近くの会場を見つけて下さい。

先は長い

封じ手は△23銀でした。

以下は第2ラウンドという

感じの進行ですが

角を打たされている

先手が辛そうかなと思います。

しかし、まだまだ先は長く

勝負は夜に付くのでしょう。

結果を楽しみにしておきます。

2016年4月5日火曜日

封じ手の局面



▲24飛の局面ですが、△35飛や△23銀が

並の指し手かなと思います。

自分程度の棋力だと、先手が勝つイメージが

全くないというか、どうなれば先手が勝てるか?

後手の飛車が働かない展開にする。

くらいでしょうが、先手の飛車の方が危ない感じも・・・

何度見ても後手ペースです。

名人戦初日

名人が先手で横歩になりました。

パッと見た感じでは

挑戦者が押している感じですが

2日目はどうなるでしょうか?

名人戦開幕

今日から名人戦が開幕します。

今までは将棋の予想をする時は

軽い感じというかテキトーに

そういうスタンスでしたが

今回からは真面目にいきます。

昨年度から

一気にトップに来た感じの挑戦者。

対して絶対王者の名人。

世代交代や新陳代謝という意味で

奪取を期待したい所ですが

4-2防衛が予想です。

流行りからして、横歩に角換わり

満載の名人戦になりそうで

今年の流行は名人戦次第かも?

熱戦を期待したいと思います。

2016年4月4日月曜日

仕事

新年度に入り、ぽつぽつと

仕事などか決まって来ました。

毎日働けば

ムダな事を考えないで済むので

予定が詰まると嬉しい。

しかし、対局以外はそうはなくて

何かしら違う事をやるかと

いつも考えている気がします。

とりあえず、やれる事を続けて

変化を待ちたいと思います。

2016年4月3日日曜日

囲碁

今日からNHK杯がスタート。

囲碁を見ていたら

苦しそうな表情に見えた方が

10目近い勝ちでびっくり。

見た目では分からないです。

囲碁もほとんど打たなくなり

今は自分はどれくらい打てるか?

囲碁を打ってみたくなりました。

ライオンのグータッチ

キーワード予約で録画されていた

「ライオンのグータッチ」

という新番組。

25戦全敗の野球チームに

プロが指導したら?

などの企画が良かったと

思います。

似たような感じで

将棋の企画とかないかなと

勝手に今後の期待をしています。

乃木坂の西野さんが

1人で番組に出るのは

かなり珍しい感じなので

そこも楽しみに

今後は見ていきたいと思います。

2016年4月2日土曜日

出張公演

今日は秋葉原のAKB劇場で

HKTの出張公演があります。

行きたかった。

でもDMMで配信されるので

そちらを楽しみにします。

2016年4月1日金曜日

級位者向け

一つの懸案事項がクリアされ

少しは楽な気分になりました。

そして今日から

ツイッターの方では

級位者向けの将棋上達法を

作りました。

@oohirashogi1

というアカウントですので

良かったらフォローして下さい。

新年度始まる

今日から新年度ですね。

少しでも前向きにいきたい。

そう思います。

今年に入ってからは

まあまあ成績は良くて

対局もまだあるので

何かしらいい結果をと思います。