2017年9月23日土曜日

熱戦のとき

さっき書いた様な、実戦での長い詰み筋。

これは、なかなか鍛えるのが難しく

基本的には、詰め将棋をたくさんやって

詰みに関するレベルを上げるしかありません。

今はどうかわからないですが

奨励会の有段者くらいから

長手数の詰め将棋を、時間を掛けて

じっくりと読むというのが

棋士になって持ち時間が長い対局へ

向かうのに有効と考えられて

いたように思います。

それと逆とまでは言えないですが

短時間で判断して、なおかつ手数も長めに

考えないといけない。

昨日の局面はそんな感じでした。

こうなると、最初に浮かんだ筋が

イケるのかダメなのかでかなり違いがでます。

ざっと50手は続いていたでしょうから

時間にしたら1時間くらい。

初手が正しい選択ならいいですが

間違えたらなかなか厳しいものです。

また、逃げる側も大変で

こちらも手が見えていないと

簡単に詰む方に逃げたりします。

長くなりましたが

熱戦をソフトの答えを見ながら

実戦を見て行くのも面白いと思いますし

とりあえず、見ないで考えて

後で答え合わせするのもいいですし

詰むか詰まないかだけを見るのも

いいと思います。

今後、どういうやり方が

主流になるのか

ちょっと気になります。




昨日

昨日の順位戦は凄かったですね。

特に三浦ー広瀬戦は

最後どうなるのかわからないで

携帯を見ていました。

ソフトに詰むかを考えさせれば

答えは分かるかもしれないですが

12時間以上戦った状態で

ベストパフォーマンスは

なかなか大変だと思います。

前にも少し書きましたが

自分はソフトがない生活なので

詰んでいたかどうかは

自分で解決するしかないですが

今でも良くわからないですが

なんとなく詰みがあったような

そんな気がしています。

(つづく)


2017年9月22日金曜日

TEPPEN

今日の夜、フジテレビで

芸能人がいろいろなもので

ナンバー1を決める番組が放送されます。

元々、ピアノを見るのが好きですが

今回は将棋があるみたいです。

実際は、9マス将棋という

ちょっと違うゲームですが

将棋を取り上げて頂いたのは

藤井四段のおかげですね。

将棋で芸能人と言えば

つるのさんが有名ですが

3月のライオンの主役

神木隆之介さんも出るみたいで

かなり注目しています。

神木さんがナンバー1になると

イメージめさらに上がるような気がして

頑張ってもらいたいですね。