2017年6月26日月曜日

今日

今日は29連勝がどうなるのか?

おそらく千駄ヶ谷は人が多いですが

そんな時に会合があります。

昨日の話にも書きましたが

千駄ヶ谷の本社?には

スペースがありません。

大丈夫かな?というのが第一感です。

連日、メディアが取り上げてくれる今は

内側を固めたり、新たな物に取り組む

チャンスだと思いますが

どうでしょうか?




2017年6月25日日曜日

研修会

昨日駒落ちについて書きましたが

今日は研修会に行きました。

女性がかなり増えている印象で

女流棋士を目指す人が増えている

そんな感じがします。

今日指したのは、4枚、2枚、飛車香、飛車

の4局でした。

2枚では、伸び盛りの少年相手で

完敗中の完敗でした。

下手にじっくり指されると

上手はつらいです。

千駄ヶ谷は人が増えていて

かなりパンパンの状態に

なっていました。

人が多いのにスペースがないのは

残念なことですね。





駒落ちについて

昨日、帰りの新幹線の中で

駒落ちについて書いたので

こちらでも書きたいと思います。

今は比較的6枚や8枚落ちというのが

子供教室では主流みたいで

昨日もほとんどがその2つでした。

これは自分の意見なのですが

駒落ちはいらないのかなと

最近感じています。

例えば6枚落ちは端に戦力を集めれば

突破して大駒を成ることができます。

しかし、平手のように桂馬や香車を

取ることは出来ないので

相手を攻めることは、結構難しいです。

と金を作って寄せていく

というのが、急所になりますが

それが理解できれば

6枚落ちはクリアに近いレベルです。

他にも、定跡と言われるものは

2枚落ちの二歩突っ切りと銀多伝以外は

あまりいい定跡とは思えなくて

それで勝てれば、普通に指して

勝てるだろうという感じです。

今までは、駒落ちで手筋を覚えて

平手で生かす。と思いましたが

本当に生きるか疑問ですし

覚える手筋の意味を理解するのも

かなり大変です。

昔は、平手で指すというと

怒られたりしましたが

今はそうでもないと思いますので

プロ棋士と指す機会がありましたら

平手をオススメします。

平手では勝ち目がない

と言われることもありますが

そこを争うものではないと思うので

普段指している感じで指すのが

1番だと思います。

また、平手が1番アドバイスが

身に付きやすいと思います。