2017年3月30日木曜日

20年

昨日はボートの選手の方と軽く。

棋士になる前に紹介して頂いたので

20年近い付き合いになります。

ボートに限らず、公営競技は

不正投票防止のために

レース期間は外部と連絡できない。

というルールがあります。

他にも、将棋界とは真逆で

厳しいルールがあります。

団体としても、規模が違いすぎますが

取り組み方は参考になります。

厳しいのも慣れれば大丈夫みたいで

引退後は、逆に心配みたいです。

今日は、月1の報告会。

何かあるでしょうか。








2017年3月28日火曜日

昔話

AKBグループには有料ですが

メンバーからメールが来るサービスがあって

自分も何人か登録していますが

3月のライオンについて

かなりいい感想が送られてきました。

その内容を見て思い出した話を1つ。

自分が長年趣味としている

オートレースの世界の話です。

自分が始めた頃は

島田さんという選手が

やや抜けて強い感じでした。

今は閉鎖されましたが

船橋を本拠地として

SGレースをいくつも優勝。

ある時、船橋オートレース場に行きました。

公営競技には予想屋さんという

予想を売っている人がいます。

お客さんに買わせるために

いろいろ話す訳ですが

島田選手は、選手の中で1番練習している。

1番強い選手が1番練習するのだから

他が勝てるわけない。

と言い切りました。

自分が進んだ世界もそうだなと

当時感じた記憶があります。

それを見て諦めたらそこで終わり。

永遠に追いつけない。

だから、追いつけなくても

やるしかない。

という話でした。

どこの世界でも

同じような話があるものです。





アンフェア

世の中にフェアな事なんて何もない

目には目を、復讐には復讐を

アンフェアにはアンフェアを

このセリフが好きで、再放送の度に見ています。

昨日も劇場版の再放送がありました。

初期の頃、子役だった向井地さんが

もう18です。

時間の流れを感じます。

一匹オオカミみたいな主人公が

大きな組織と戦うみたいな話が

好きなのかなと最近感じます。

これは何かの深層心理でしょうか。